教育現場のための安全な化学実験と事故事例

教育現場のための安全な化学実験と事故事例

著者名 鈴木 仁美
発行元 丸善出版
発行年月日 2021年10月
判型 A5 210×148
ページ数 434ページ
ISBN 978-4-621-30654-3
Cコード 3043
NDCコード 432
ジャンル 化学・化学工学 >  化学_事典・便覧・ハンドブック
化学・化学工学 >  化学実験

内容紹介

化学の実験はとても面白い.実験には生徒を惹き付ける魅力があるが,ときに不慣れや不注意から予期しない事故が起こることがある.

本書は化学教育にたずさわる読者を念頭に,安全のための情報と事故事例をまとめた書籍である.様々な実験に対応できるよう,基盤となる基礎知識と化合物のデータに多くの紙面が割かれている.事例としては,“事故例”,“事件例”など300件以上を収載しており,生々しいエピソードを通して読者は危険性を具体的にイメージすることができよう.

不幸な事故を避けるために,ぜひ本書を手許において,安全に化学実験のご指導をお願いしたい.

目次

1 化学実験と事故
 1.1 化学実験の事故
 1.2 危険物
 1.3 毒物と毒性

2 安全への配慮
 2.1 実験の心構え
 2.2 応急処置

3 安全な実験のための基礎知識
 3.1 加 熱
 3.2 冷 却
 3.3 保 温
 3.4 蒸 留
 3.5 乾 燥
 3.6 気体の使用
 3.7 かくはん
 3.8 溶 媒
 3.9 抽 出
 3.10 再結晶と錯形成
 3.11 酸と塩基
 3.12 材質の劣化
 3.13 自然発火
 3.14 微粉体
 3.15 帯電と感電
 3.16 光化学反応
 3.17 アレルゲンと発がん物質
 3.18 悪臭と有毒ガス
 3.19 試薬の保存と廃棄

4 酸化反応
 4.1 酸素とは
 4.2 オゾンとは
 4.3 過酸化水素
 4.4 有機過酸化物

5 還元反応
 5.1 水素とは
 5.2 接触還元(接触水素添加)
 5.3 ヒドリド試薬

6 典型元素 ――金属
 6.1 アルカリ金属
 6.2 アルカリ土類金属
 6.3 アルミニウムと亜鉛
 6.4 有害元素
 6.5 有機金属化合物

7 典型元素 ――非金属
 7.1 ハロゲンとその化合物
 7.2 硫黄とその化合物
 7.3 窒素とその化合物
 7.4 リンとその化合物
 7.5 ホウ素,ケイ素とその化合物

8 遷移元素
 8.1 鉄,銅およびマンガン
 8.2 希土類元素
 8.3 白金族元素
 8.4 金属カルボニルとメタロセン

9 有機化合物
 9.1 炭素とは
 9.2 炭化水素
 9.3 アルコールとフェノール
 9.4 カルボニル化合物
 9.5 カルボン酸と関連化合物
 9.6 ヘテロ環化合物

索 引

関連商品

定価:4,950円
(本体4,500円+税10%)
在庫:在庫あり