災害リスクの心理学
ダチョウのパラドックス

災害リスクの心理学

原書名 The Ostrich Paradox. Why We Underprepare for Disasters
著者名 中谷内 一也
発行元 丸善出版
発行年月日 2018年08月
判型・装丁 四六 188×128 / 並製
ページ数 200ページ
ISBN 978-4-621-30330-6
Cコード 3011
NDCコード 140
ジャンル 土木・建築 >  土木 >  土木一般
人文科学 >  心理学 >  心理一般

内容紹介

私たちはなぜ、繰り返し災害リスクを見誤り、結果的に準備を怠り再び災害をうけてしまうのでしょうか。どうすれば、災害リスクに対応することができるようになるのでしょうか。

 

本書は、私たちが判断を誤る六つの心理的バイアス ― 近視眼的思考癖・忘却癖・楽観癖・惰性癖・単純化癖・同調癖 ― と、その意思決定のプロセスへの影響を豊富な具体例とともに紹介し、これらのバイアスを見込んだ解決へのアプローチを、心理学的な観点から簡潔にまとめています。

 

「危険に直面すると砂の中に頭を突っ込んでしまう」「頭隠して尻隠さず」などと英語では表現されてしまう飛べないダチョウは、実は、飛べない欠点を克服して、世界で最も速い逃げ足を武器にした危機管理能力の高い動物です。私たちも、本書を武器に、心理的バイアス=欠点を克服し、次こそは災害から逃れられるように、との意味がタイトルに込められています。

目次

はじめに
PART 1  なぜ我々は災害に対して不十分にしか備えないのか
 第1章 二つの認識システムについての物語
 第2章 近視眼的思考癖
 第3章 忘却癖
 第4章 楽観癖
 第5章 惰性癖
 第6章 単純化癖
 第7章 群衆への同調癖
PART 2  災害準備を改善するために我々ができること
 第8章 バイアスの克服:行動リスク監査
 第9章 行動リスク監査の運用:洪水保険の場合
 第10章  きわめて長期にわたる災害対策
あとがき:〝改訂版〟ダチョウのパラドックス

関連商品

定価:本体2,800円+税
在庫:在庫あり