人間特性の理解と製品展開

人間特性の理解と製品展開

著者名 社団法人 人間生活工学研究センター
発行元 丸善出版
発行年月日 2005年05月
判型 A5 210×148
ページ数 280ページ
ISBN 978-4-621-07540-1
Cコード 3358
ジャンル 化学・化学工学

内容紹介

企業の技術者・実務者を対象にした、“人にやさしいものづくり”のための人間生活工学の実践的な基礎知識、基盤技術をまとめた実用書。実際的な理解を習得できるよう、具体的で適切な方法論と技術をわかりやすくまとめた。2巻では、人間の特性、おもに形態・動態・生理を中心に、その測定、データベースの活用と、それらを道具や機器、衣服などの製品開発に生かす方法論と技術を解説。

目次

1 人間の構造と機能
 1.1 設計に配慮すべき人間の構造と機能
 1.2 形態
 1.3 筋骨格系の構造と運動機能
 1.4 感覚器系の構造と機能
 1.5 神経系の構造と機能
 1.6 その他,配慮すべき人間の特性
 1.7 個人差の要因
2 人間特性データベース
2.1 人間特性データベースの見つけ方
 2.2 製品設計への適用
3 人体を測る
 3.1 測るとは
 3.2 人体寸法と動作を測る(見える対象を測る)
 3.3 見えない心身の反応を測る
 3.4 疲労・負担を測る
4 PTS法による動作時間の評価
 4.1 動作時間評価の意義
 4.2 PTS法
 4.3 MODAPTS法
5.製品設計
 5.1 設計・評価のプロセス
 5.2 ハード製品および構成要素の設計
 5.3 製品設計仮想事例
 5.4 まとめ:製品の人間中心設計を成功に導くポイント
6 アパレル設計
 6.1 アパレル製品
 6.2 アパレル・マーケティング
 6.3 サイズ適合性
 6.4 被覆内気候
 6.5 衣服とユニバーサルデザイン
 6.6 アパレル設計ツール
7 コンピュータマネキン
 7.1 目的・意義
 7.2 構造と機能
 7.3 精度の検証と国際標準化
 7.4 応用事例

関連商品

定価:本体4,000円+税
在庫:お問い合わせください