人にやさしいものづくりのための方法論

人にやさしいものづくりのための方法論

著者名 人間生活工学研究センター
発行元 丸善出版
発行年月日 2005年02月
判型 A5 210×148
ページ数 300ページ
ISBN 978-4-621-07539-5
Cコード 3358
ジャンル 化学・化学工学

内容紹介

企業の技術者・実務者を対象にした、“人にやさしいものづくり”のための人間生活工学の実践的な基礎知識、基盤技術をまとめた実用書。実際的な理解を習得できるよう、具体的で適切な方法論と技術をわかりやすくまとめた。1巻では、「人にやさしいものづくり」とはそもそもどのようなことか。企業はどのようにして「人にやさしい」製品開発を推進すればよいのか。その基礎知識と推進方法、イノベーションにかかわる方法論を解説。

目次

1 人にやさしいものづくりを考える
 1.1 人にやさしいものづくりの必要性
 1.2 人間工学の生い立ち
 1.3 人間生活工学
 1.4 人間生活工学を取りまく法律・規格・ガイドライン 
2 製品美とその開発
 2.1 人間工学と美,そしてデザイン
 2.2 人間行動から学ぶ
 2.3 見えない繋がりをつくる
 2.4 観察
3 人間中心設計
 3.1 人間中心設計の考え方
 3.2 ユーザビリティという概念
 3.3 人間中心設計のプロセス
 3.4 人間中心設計の導入法 
4 イノベーションのためのデザインプロセス
 4.1 ニーズ探索の意味
 4.2 ニーズ探索と発見的共有法
 4.3 アイデアの展開 
 4.4 むすび
5 生活工学の方法
 5.1 生活工学とは
 5.2 「人を通じてみる」観察の方法
 5.3 「ものを通じてみる」生活観察の方法
 5.4 調査結果の分析と製品展開
 5.5 ヒューマンデザインテクノロジー
6 ユニバーサルデザイン
 6.1 ユニバーサル・デザインの考え方
 6.2 ユニバーサルデザインに関する基準と法令
 6.3 国際化とユニバーサル・デザイン
7 製品安全
 7.1 製造物責任と製品安全
 7.2 製品安全におけるリスクアセスメントのプロセスと運用
 7.3 人にやさしいものづくりを巡る規制・規格・基準
8 ユーザ参加型製品評価の方法
 8.1 ユーザ参加型評価の必要性と意義
 8.2 ニーズ発掘とコンセプトの評価
 8.3 プロトタイプ・試作機の評価
 8.4 製品発売後の評価
 8.5 ユーザ参加型評価計画立案と倫理的問題

関連商品

定価:本体3,800円+税
在庫:お問い合わせください