カテゴリ別お知らせ

「學鐙」


創刊号表紙

 


丸善のPR誌「學鐙」は、明治30年(1897)3月に創刊し、現在まで続く我が国最古のPR誌です。(現在の発行者は丸善出版株式会社)
創刊時から広く日本の文化に寄与し、世界の文化受容の窓口となるという一貫した編集姿勢は変わらず、
一企業のPR誌を超えて我が国の学界・言論界の中で育ってきました。
初代編集長は作家・文芸評論家として活躍していた内田魯庵、執筆者には坪内逍遙、夏目漱石、井上哲次郎らが名を連ね、明治36年(1903)「學鐙」と名を改めた以後も日本を代表する学者、文芸家、言論人が筆を執り、学術エッセー誌にとどまらず、社会や時代を映す鏡になっています。

 

 

 

最新号 目次

 

■學鐙 第117巻 第4号 目次

 


 



 


 

▼私のすすめる三冊
岡崎 武志(フリーライター・書評家) 

▼特集 戻る 
寅さんが、今戻る場所
山田 洋次(映画監督)
酒の最後から最初
町田  康(作家)
五〇年前に戻る/戻れる/戻れない 
川本 隆史(国際基督教大学特任教員)
共に笑える日常に戻そう
にしゃんた(羽衣国際大学教授・タレント)
コロナ禍から見る、社会の歩みとこれからの不自由
熊代  亨(著述家・精神科医)
科学技術政策の課題
村上陽一郎(東京大学・国際基督教大学名誉教授)
「日本を取り戻す」
小田嶋 隆(コラムニスト)

▼書評〈I〉
塩野七生 著
小説 イタリア・ルネサンス 1 ヴェネチア
下重 暁子(作家)
駒木明義 著
安倍 VS. プーチン
河谷 史夫(家事見習い)

▼連載
庶民の娯楽(3)
神崎 宣武(民俗学者)
日本のデザインのモダニズム(32) 
柏木  博(武蔵野美術大学名誉教授)
科学徒然草(31)
小山 慶太(早稲田大学名誉教授・科学史家)
音を編む(28)
矢崎彦太郎(指揮者)

▼書評〈II〉
庵 功雄 編著、志村ゆかり、宮部真由美、岡 典栄 著
「やさしい日本語」表現事典
毛受敏浩(日本国際交流センター執行理事)

 

 

■學鐙 丸善創業150周年記念特別号

 


 

 
■表紙 画 安野光雅 制作1993年11月「檸檬爆弾」

 

「學鐙」丸善創業150周年記念特別号のご案内
(全文WEB公開中)

本誌は、通常の「學鐙」とは異なり“非売品”となっており、無料で関係者の方々にお配りしています。限られた冊数のみ製作しておりますので、多くの皆様にご覧いただけるよう、全文をPDFにてWEB公開することに致しました。この機会にぜひご覧ください。

 

 


 

 

◆関連記事

【丸善創業150周年】出版物で辿る丸善の歴史~「學鐙」の歴史~

 

 

お問い合わせは、丸善出版(株)學鐙編集室まで、またはお問い合わせフォームよりお知らせください。

 

関連商品

▲ ページの先頭へ