カテゴリ別お知らせ

「學鐙」


創刊号表紙

 


丸善のPR誌「學鐙」は、明治30年(1897)3月に創刊し、現在まで続く我が国最古のPR誌です。(現在の発行者は丸善出版株式会社)
創刊時から広く日本の文化に寄与し、世界の文化受容の窓口となるという一貫した編集姿勢は変わらず、
一企業のPR誌を超えて我が国の学界・言論界の中で育ってきました。
初代編集長は作家・文芸評論家として活躍していた内田魯庵、執筆者には坪内逍遙、夏目漱石、井上哲次郎らが名を連ね、明治36年(1903)「學鐙」と名を改めた以後も日本を代表する学者、文芸家、言論人が筆を執り、学術エッセー誌にとどまらず、社会や時代を映す鏡になっています。

 

 

 

最新号 目次

 

■學鐙 第117巻 第3号 目次

 


 



 


 

▼私のすすめる三冊              岡崎 武志 

▼特集 自立 
自立からもたれ合いへ             隈  研吾・・・・・・・・・・・・・・2
スポーツにおける「自立」とは何か       二宮 清純・・・・・・・・・・・・・・6
ハイブリッドな絵師‐河鍋暁斎           及川  茂・・・・・・・・・・・・・10
自立を強制するのではなく支え合いを
依存し合える社会へ              藤田 孝典・・・・・・・・・・・・・14
自立は、つながりの中で            奥田 知志・・・・・・・・・・・・・18
禅の思想からみる「自立」           頼住 光子・・・・・・・・・・・・・22
自立をめぐって                黒川  創・・・・・・・・・・・・・26
共生の哲学としてのリベラリズム        井上 達夫・・・・・・・・・・・・・30

 

▼書評〈I〉
古井由吉 著
杳 子                    下重 暁子・・・・・・・・・・・・・36
青木 理 著
安倍三代                     河谷 史夫・・・・・・・・・・・・・38

 

▼連載
庶民の娯楽(2)                  神崎 宣武・・・・・・・・・・・・・40
日本のデザインのモダニズム(31)          柏木  博・・・・・・・・・・・・・44
科学徒然草(30)                小山 慶太・・・・・・・・・・・・・48
音を編む(27)                 矢崎彦太郎・・・・・・・・・・・・・52

 

▼書評〈II〉               
日本思想史事典編集委員会 編       
日本思想史事典                  平石 直昭・・・・・・・・・・・・・56

日本民具学会 編       
民具学事典                    亀山 裕市・・・・・・・・・・・・・58

 

■學鐙 丸善創業150周年記念特別号

 


 

 
■表紙 画 安野光雅 制作1993年11月「檸檬爆弾」

 

「學鐙」丸善創業150周年記念特別号のご案内
(全文WEB公開中)

本誌は、通常の「學鐙」とは異なり“非売品”となっており、無料で関係者の方々にお配りしています。限られた冊数のみ製作しておりますので、多くの皆様にご覧いただけるよう、全文をPDFにてWEB公開することに致しました。この機会にぜひご覧ください。

 

 


 

 

◆関連記事

【丸善創業150周年】出版物で辿る丸善の歴史~「學鐙」の歴史~

 

 

お問い合わせは、丸善出版(株)學鐙編集室まで、またはお問い合わせフォームよりお知らせください。

 

関連商品

▲ ページの先頭へ