カテゴリ別お知らせ

「學鐙」


創刊号表紙

 


丸善のPR誌「學鐙」は、明治30年(1897)3月に創刊し、現在まで続く我が国最古のPR誌です。(現在の発行者は丸善出版株式会社)
創刊時から広く日本の文化に寄与し、世界の文化受容の窓口となるという一貫した編集姿勢は変わらず、
一企業のPR誌を超えて我が国の学界・言論界の中で育ってきました。
初代編集長は作家・文芸評論家として活躍していた内田魯庵、執筆者には坪内逍遙、夏目漱石、井上哲次郎らが名を連ね、明治36年(1903)「學鐙」と名を改めた以後も日本を代表する学者、文芸家、言論人が筆を執り、学術エッセー誌にとどまらず、社会や時代を映す鏡になっています。

 

 

 

最新号 目次

 

■學鐙 第118巻 第1号 目次

 


 



 


 

▼私のすすめる三冊
岡崎 武志(フリーライター・書評家) 
            
▼特集 日常 
非日常を生き続けるということ
頭木 弘樹(文学紹介者)
コロナ的非日常の日常
永田 和宏(歌人・JT生命誌研究館館長・京都大学/京都産業大学 名誉教授)
話すことが支える「その日暮らし」
小川さやか(立命館大学大学院教授)
舞台で行われる「日常」
イッセー尾形(俳優)
これまで・これから、幸せと思う毎日を過ごすには
藤村 忠寿(「水曜どうでしょう」ディレクター)
音楽フェスからみえてくる社会
津田昌太朗(フェスティバルライフ編集長)
公私の区別と読書亡羊
円満字二郎(フリーライター・編集者)
「近代」の病―COVID19
神里 達博(千葉大学大学院教授)

▼書評〈I〉
照井 翠 著
照井 翠 句集「龍宮」
下重 暁子(作家)

しんぶん赤旗日曜版編集部 編
「桜を見る会」疑惑 赤旗スクープは、こうして生まれた!
河谷 史夫(家事見習い)

▼連載
庶民の娯楽(4)
神崎 宣武(民俗学者)
日本のデザインのモダニズム(33)
柏木  博(武蔵野美術大学名誉教授)
科学徒然草(32)
小山 慶太(早稲田大学名誉教授・科学史家)
音を編む(29)
矢崎彦太郎(指揮者)

▼書評〈II〉  
石田勇治編集代表ほか 編
ドイツ文化事典
高橋 慎也(中央大学教授)
             
鈴木 董、近藤二郎、赤堀雅幸 編集代表ほか 編       
中東・オリエント文化事典
金 信 遇(日本貿易新機構アジア経済研究所 研究マネージメント職)

■表紙
『化学便覧 初版』/『化学便覧 基礎編』改訂6版について

 

■學鐙 丸善創業150周年記念特別号

 


 

 
■表紙 画 安野光雅 制作1993年11月「檸檬爆弾」

 

「學鐙」丸善創業150周年記念特別号のご案内
(全文WEB公開中)

本誌は、通常の「學鐙」とは異なり“非売品”となっており、無料で関係者の方々にお配りしています。限られた冊数のみ製作しておりますので、多くの皆様にご覧いただけるよう、全文をPDFにてWEB公開することに致しました。この機会にぜひご覧ください。

 

 


 

 

◆関連記事

【丸善創業150周年】出版物で辿る丸善の歴史~「學鐙」の歴史~

 

 

お問い合わせは、丸善出版(株)學鐙編集室まで、またはお問い合わせフォームよりお知らせください。

 

関連商品

▲ ページの先頭へ