工業 有機化学実験

工業 有機化学実験

著者名 永井 芳男
発行元 丸善出版
発行年月日 1975年03月
判型 A5 210×148
ページ数 162ページ
ISBN 978-4-621-30514-0
Cコード 3058
ジャンル 化学・化学工学

内容紹介

各実験に付された質問に答えながら、一つ一つの操作をよく考えて実験が進められるよう、基本操作との関連を重視するとともに、実験テーマの選択には特に注意を払い、真に教育的な立場で書かれている好テキスト。

目次

I 有機化学実験の心得 
 1 実験上の注意
  1・1 実験開始時
  1・2 実験中
  1・3 実験終了時の心得
  1・4 事故に対する注意
 2 実験の要領
  2・1 実験器具
  2・2 実験器具の選択
  2・3 薬品の品質
  2・4 試薬の量と収率
  2・5 実験上の物質損失の防止
  2・6 リポートの作成
II 単位操作
 1 簡単なガラス細工
 2 溶解,抽出
  2・1 溶解
  2・2 溶剤と溶解性
  2・3 おもな溶媒
  2・4 抽出
 3 加熱
 4 冷却
  4・1 蒸気および気体の冷却
  4・2 反応混合物の冷却
 5 加圧
  5・1 封管
  5・2 オートクレーブ
 6 かきまぜ,ふりまぜ
  6・1 かきまぜ
  6・2 ふりまぜ
 7 乾燥
  7・1 気体の乾燥
  7・2 液体の乾燥
  7・3 固体の乾燥
 8 蒸留
  8・1 常圧蒸留
  8・2 分留
  8・3 減圧蒸留
  8・4 水蒸気蒸留
  8・5 蒸発
 9 昇華
 10 ろ過,再結晶,塩析
  10.1 ろ過
  10.2 再結晶
  10.3 塩析
 11 融点の測定
 12 気体の取扱い
  12・1 気体
  12・2 ボンベ
  12・3 排ガスの吸収
III 基礎実験例
 1 ハロゲン化
  1・1 クロルベンゼン
  1・2 Benzyl chloride
  1・3 Brombenzol
  1・4 塩化tert-ブチル
  1・5 臭化エチル
  1・6 Butyl bromide
  1・7 塩化アセチル
  1・8 塩化ベンゾイル 
 2 スルホン化
  2・1 p-トルエンスルホン酸
  2・2 Na salt of naphthalene-β-sulphonic acid
  2・3 ベンゼンスルホン酸ナトリウム
  2・4 スルファニル酸
  2・5 Benzolsulfochloid
 3 ニトロ化
  3・1 ニトロベンゼン
  3・2 m-Dinitrobenzol
  3・3 o-and p-Nitrotoluene
  3・4 p-ニトロアニリン
 4 還元
  4・1 アニリン
  4・2 m-ニトロアニリン
  4・3 Phenylhydroxylamine
  4・4 Benzhydrol
  4・5 α-フェニルエタノール
 5 酸化
  5・1 アジピン酸
  5・2 Benzil
  5・3 p-ニトロ安息香酸
  5・4 o-Nitrobenzoeaure
  5・5 Acetic acid
 6 アシル化,アルキル化
  6・1 酢酸エチル
  6・2 安息香酸メチル
  6・3 tert-Butyl acetate
  6・4 Benzoesaurephenylester
  6・5 Acetanilide
  6・6 アニソール
  6・7 N-Benzylaniline
 7 縮合
  7・1 アセトフェノン
  7・2 Benzophenne
  7・3 o-ベンゾイル安息香酸
  7・4 エチルベンゼン
  7・5 Benzoin
 8 ジアゾ化とその応用
  8・1 ヨードベンゼン
  8・2 クロルベンゼン
  8・3 ベンゾニトリル
  8・4 Orange II
 9 加水分解,アルカリ融解
  9・1 グルコース
  9・2 Benzoic acid
  9・3 酢酸とエチルアルコール
  9・4 β-ナフトール
  9・5 Phenol
 10 その他
  10・1 Anthraquinone
  10・2 フタルイミド
  10・3 アントラニル酸
  10・4 安息香酸とベンジルアルコール
  10・5 カゼインと乳糖
  10・6 色素の分離
IV 有機定性分析
 1 有機定性分析の手順
 2 成分元素の検出
 3 溶解性試験
 4 官能基の検出(定性反応)
  4・1 不飽和結合
  4・2 アルコール
  4・3 フェノール
  4・4 アルデヒド
  4・5 ケトン
  4・6 カルボン酸
  4・7 アミン
  4・8 ニトロ化合物
  4・9 スルホン酸
 5 誘導体の作成
  5・1 脂肪族炭化水素
  5・2 ハロゲン化アルキル
  5・3 芳香族炭化水素およびハロゲン化アリール
  5・4 アルコール
  5・5 フェノール
  5・6 エーテル
  5・7 アルデヒド,ケトン
  5・8 カルボン酸
  5・9 エステル
  5・10 アミン
  5・11 ニトロ,ニトロソ,アゾ化合物など
  5・12 スルホン酸
 6 薄層クロマトグラフィーによるアミノ酸の定性
 7 窒素分析
 8 ラスト法による分子量測定
V 工業化学実験
 1 染料化学
  1・1 スーダンIの合成
  1・2 スーダンIによる着色
  1・3 コンゴー・レッドの合成
  1・4 コンゴー・レッドによる染色
  1・5 Hydrazobenzene from Nitrobenzene by Reduction
  1・6 benzidine from Hydraz-benzene by Benzidine Rearrangement
  1・7 マラカイト・グリーンの合成
  1・8 マラカイト・グリーンによる染色
  1・9 インジゴの合成
  1・10 インジゴによる染色
  1・11 合成繊維の染色
  1・12 レーキ
 2 高分子化学
  2・1 メタクリル酸メチルの塊状重合
  2・2 酢酸ビニルの懸濁重合
  2・3 ポリビニルアルコールの製造
  2・4 ポリビニルホルマール糸の製造
  2・5 イオン交換樹脂
  2・6 ポリエステルの製造
  2・7 ニトロセルロースの製造
  2・8 アセチルセルロースの製造
 3 石油,石油化学
  3・1 石油留分の蒸留試験
  3・2 石油留分の成分分析
  3・3 石油留分の精製
  3・4 潤滑油の粘度指数の組成
  3・5 オレフィンガスの製造
  3・6 イソプロピルアルコールの合成
  3・7 イソプロピルベンゼンの合成
 4 油脂化学
  4・1 尿素付加による直鎖化合物の分別
  4・2 合成洗剤
  4・3 カチオン表面活性剤,ピリジニウム塩型撥水柔軟剤
  4・4 非イオン表面活性剤

出版社からのメッセージ

本書籍は価格変更に伴い、ISBNを変更しました。
旧ISBN:978-4-621-04452-0
内容に変わりはありません。
------------------------------------------
本書は、書籍からスキャナによる読み取りを行い、印刷・製本を行っています。
一部、装丁が異なったり、印刷が不明瞭な場合がございますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。
------------------------------------------

関連商品

定価:3,080円
(本体2,800円+税10%)
在庫:在庫あり