炭素資源をめぐる戦争
著者名 藤井秀昭 監訳
制作元 BBC
発売/発行年月 2017年01月
媒体 DVD
時間 50分
音声/字幕 英語 / 日本語、英語
ジャンル 社会科学 >  経済
館内視聴 館外個人貸出 館外団体貸出
館内無償上映 学外貸出 授業利用

内容紹介

世界は石油に依存し大量消費する時代へと突入。そして石油は政治の武器としても利用され始める。大規模産油国サウジアラビアやイランの石油利権をめぐり、英・米間で争いが起こる。サウジアラビアは米国のアラムコが、イランは英国のBP社によって石油の価格や販売が管理されるようになったが、産油国は英・米の不当な利益享受に不満を抱き産油国は所有権を主張した。1960年に産油国の利益を守ることを目的として石油輸出国機構(OPEC)が創設され、70年代に世界は中東産油国を震源とする二度の石油危機を経験することになる。

 

※内容に関する注釈はこちら

サンプルムービー

関連商品

価格:本体40,000円+税(分売可)

ご購入

ご注文方法

▼ 補足資料