世界を変えた石油
著者名 藤井秀昭 監訳
制作元 BBC
発売/発行年月 2017年01月
媒体 DVD
時間 50分
音声/字幕 英語 / 日本語、英語
ジャンル 社会科学 >  経済
館内視聴 館外個人貸出 館外団体貸出
館内無償上映 学外貸出 授業利用

内容紹介

炭化水素を主成分とする石油資源。この資源が注目されたのは今からたった約150年前のことであり、ドライブパイプを利用した掘削法が大量生産を可能にした。この商機に目をつけた実業家たちによって製品の標準化や販売・輸送の効率化が図られ、19世紀末には世界中へ石油が行き届き、世界中に光を照らした。電気の発明後も、原油の蒸留過程で抽出されるガソリンが自動車の燃料として利用され始め、自動車が世界的に普及する。第二次世界大戦ではエネルギー源が石炭から石油へ転換され、石油の確保が戦争の勝敗を左右した。

 

※内容に関する注釈はこちら

サンプルムービー

関連商品

価格:本体40,000円+税(分売可)

ご購入

ご注文方法

▼ 補足資料