原子核物理

原子核物理

物質の究極の世界を覗く
原書名 Nuclear Physics: A Very Short Introduction
著者名 名越 智恵子
発行元 丸善出版
発行年月日 2017年04月
判型・装丁 新書 174×112 / 並製
ページ数 180ページ
ISBN 978-4-621-30165-4
Cコード 0342
NDCコード 429
ジャンル 科学一般 >  シリーズ科学一般 >  サイエンス・パレット
物理学 >  素粒子・原子核物理
新書 >  サイエンス・パレット

シリーズ紹介

学問は絵の具、心はキャンバス。 思い思いの色を混ぜ合わせ、自身のキャンバスを豊かな教養で彩ってみませんか? サイエンス分野の教養を1冊にまとめ、あなたの「知りたい」に応えます。

内容紹介

原子核物理は、原子核の構造・性質,核反応の研究をはじめとした、物質の成り立ちの本質を探る学問であり、湯川秀樹は原子核物理学でノーベル賞を受賞している。小柴昌俊氏、梶田隆章氏らの素粒子物理学は原子核物理学から発展した分野である。本書の内容は、すでに確立した内容であるが、ますます発展する素粒子や宇宙科学へとつながるこの分野の、また放射能・放射線の入門書となる。発展の歴史や思考のポイントの時間軸を追うことにより、この分野の理解のポイントがわかる。また、いまではなくてはならないMRIやPETなど医学分野への応用がわかる。

目次

1 大聖堂のハエ
2 原子核の核錬金術
3 巨大な力
4 奇数、偶数、殻
5 原子核の形成と破壊
6 周期表を超えて
7 エキゾチック原子核
8 原子核物理学の応用

関連商品

定価:本体1,000円+税