身体のしくみとトレーニング
スポーツ科学でわかる

身体のしくみとトレーニング

著者名 小河 繁彦
発行元 丸善出版
発行年月日 2011年01月
判型 四六 188×128
ページ数 196ページ
ISBN 978-4-621-08315-4
Cコード 1075
ジャンル 環境科学・生活科学 >  生活科学

内容紹介

スポーツアスリートからスポーツ愛好家のための最新スポーツ科学――アスリートは日頃から身体で様々なことを試しながらトレーニングをしているが、自分のトレーニング法が本当に正しいのかどうかの科学的裏づけを持っていないことが多い。なぜなら科学的アプローチを身につけるには、身体のしくみを知る必要があり、生理学や運動生理学などの知識を体系的に知っておくことが必要。――本書では、アスリートやコーチが日頃よく疑問に思っていることにスポットをあて、誰もが理解できるよう具体例を挙げながら、スポーツ科学の最前線を解説。

目次

第1章 スポーツ科学は本当にアスリートに役立つのか?
第2章 アスリートは人間に備わる生理的な適応能力により成り立っている
第3章 運動パフォーマンスは疲労との戦い
第4章 トレーニングでは身体だけでなく頭も鍛えられている
第5章 運動する環境もパフォーマンスに影響する
第6章 黒人は足が速い?運動と遺伝について
第7章 トレーニング効果が及ぼす生理機能の変化
第8章 最新トレーニング事情 知識の氾濫や商業主義の功罪



【旧目次】
第1章 スポーツ科学とは何か? ~スポーツ科学は本当にアスリートに役立つのか?~
第2章 人間は環境に適応する動物である。アスリートはこの適応能力により成り立っている。~生理学を知ろう~
第3章 運動パフォーマンスは疲労との戦い。如何に疲労しないかがパフォーマンスを決める。~循環生理学を知ろう:体の疲労(末梢疲労)と頭の疲労(中枢疲労)~
第4章 トレーニングでは身体だけでなく頭も鍛えられている。~脳科学を知ってスキルを磨こう~
第5章 運動する環境はさまざまである。その環境にも人間は適応し、パフォーマンスに影響する。~環境生理学を知ろう~
第6章 黒人は足が速い?北欧人はでかくて強い?日本人は勝てないのか?~解剖学、遺伝学を知ろう~
第7章 トレーニング効果が及ぼす生理機能の変化。重力の影響。~心臓循環系機能を知ろう~
第8章 最新トレーニング事情 知識の反乱や商業主義の功罪~正しいトレーニングと間違ったトレーニング~

定価:本体1,900円+税
在庫:在庫あり