医療倫理 いのちは誰のものか―ダックス・コワートの場合―
丸善出版(映像)

医療倫理 いのちは誰のものか―ダックス・コワートの場合― [Dax's Case:Who Should Decide?]

著者名 赤林 朗 監訳
藤田みさお 監訳
長尾式子 監訳
制作元 丸善出版(映像)
発売/発行年月 2002年01月
媒体 DVD
音声/字幕 英語、日本語 /
ジャンル 医学・薬学 >  医学総合
館内視聴 館外個人貸出 館外団体貸出
館内無償上映 学外貸出 授業利用

内容紹介

米国では生命倫理問題を扱った画期的な映像教材として定評があり、広く活用されています。どのような状況下でも、瀕死の重傷患者は治療を拒否する権利があるのか?治療拒否をする患者に医師はどう対処するのか?そのとき家族は…。プロパンガスの爆発事故に遭ったダックス・コワート氏の10年間にわたる記録です。生命倫理問題に取組んでいる方々の教育用、研修用として最適。前編(36分) 後編(26分) ダイジェスト編(17分)

価格:本体40,000円+税(分売不可)

ご購入

ご注文方法