シールドトンネルにおける切拡げ技術

シールドトンネルにおける切拡げ技術

発行元 土木学会
発行年月日 2015年10月
判型 A4 297×210
ページ数 224ページ
ISBN 978-4-8106-0888-5
Cコード 3051
ジャンル 土木・建築 >  土木 >  道路・交通工学

内容紹介

シールドトンネルからの切り拡げは、地下駅、地下高速道路の出入口、換気・排水塔との接続等の特殊な条件下で用いられ、適用事例も増えています。一方,設計・施工方法は個々の事業者で独自に検討されているのが現状で、今後統一された考えに基づく基準化への取組みが望まれています。本書は、設計・施工事例を収集・分析し、力学的メカニズムや設計・施工上の留意点、今後の展望を整理したものです。本書がこの分野に携わる技術者に、広く活用されることを期待しています。

目次

1.はじめに
2.シールドトンネルにおける切拡げに関する動向
3.シールドトンネルにおける切拡げ工事の事例調査
4.シールドトンネルにおける切拡げ工事の設計および施工方法
5.シールドトンネルにおける切拡げ工事の計測管理
6.課題と展望

関連商品

定価:3,300円
(本体3,000円+税10%)
在庫:お問い合わせください