マネージング・イン・ザ・グレー

マネージング・イン・ザ・グレー

ビジネスの難問を解く5つの質問
著者名 山形 浩生
発行元 丸善出版
発行年月日 2019年01月
判型 四六 188×128
ページ数 216ページ
ISBN 978-4-621-30360-3
Cコード 0034
ジャンル 社会科学

内容紹介

本書はハーバードビジネススクールのバダラッコ教授による、判断しづらい問題について5つの自問で解決へと導く考え方を記したビジネス書。山形浩生氏による読みやすい文章で、忙しいマネージャーあるいは経営者、グループリーダーにも無理なく読める書籍。

白黒つけがたい問題への回答はどう出せばよいのか?当事者も周囲も自分も納得のいく答えはどのように探せばよいのか?マネージャーあるいは人間として望ましい判断や行動とは何か?
本書ではリーダー/管理職が直面する、複雑な問題について、歴史上の著名人や大企業の社長の事例などもあげながら、何を基準に考えればよいかを解説する。

目次

第1章判断のツール
グレー領域の課題/5つの質問/つかいものになる哲学
第2章純・純影響は何だろうか?
広く深く考える/実務的な課題/実用ガイド:プロセスを正しくしよう/立ち止まる/プロセスに注目/適切な人々を集める/簡単な意思決定ツリーをつくろう/敢えて反論をしてもらう/本当にこれ以上質問がいるのだろうか?
第3章自分の中核的な責務は何だろうか?
人間としての中核的な責務/実務的な課題/実務ガイド:道徳的想像力を覚醒させよ!/経済性を超えた見方をしよう/ステークホルダーを超えた見方をしよう/道徳的想像力を覚醒させよう/障壁を攻撃しよう/自分がされて嫌なことを考えよう/よい出発点
第4章ありのままの世界では何がうまくいくだろうか?
ありのままの世界/人間性、現実主義、プラグマティズム/実務ガイド:回復性試験/権力と利害の領域をマッピング/慎み深く、柔軟かつ日和見的に/プロセスは流動的で柔軟に/対決姿勢に出る覚悟も/自分に厳しく/実用的な日常ツール
第5章我々は何者だろうか?
記憶の神秘的な和音/相互性のネットワーク/実務的な課題/実用ガイド/この話から始めるな/分析装置を停止させよ/自分の本当の利益を考えよう/自分の組織の物語を考えよう/自分を説明しよう/明瞭性と単純性
第6章自分で納得できるのは何か?
人格と判断/実務的な課題/実用ガイド:鍛えた直感/堂々巡りを抜けだそう/5つの質問をすべて使い、好きなものだけつまみ食いは止そう/苦闘を覚悟しよう/試しに決断をしてみよう/決断をして、説明し、先に進もう/倫理的に敏感な実用主義
補遺A人文主義 /補遺B人間の天性、進化、倫理 /注

定価:本体2,400円+税
在庫:在庫あり