アロマセラピーのための精油ハンドブック

アロマセラピーのための精油ハンドブック

著者名 一般社団法人 日本アロマセラピー学会
久保 浩子 編集委員長
発行元 丸善出版
発行年月日 2016年11月
判型・装丁 B5 257×182 / 並製
ページ数 150ページ
ISBN 978-4-621-30085-5
Cコード 3047
NDCコード 490
ジャンル 医学・薬学 >  その他医療系

内容紹介

アロマセラピーを行うための精油の理解を深めることを目的とする。国内の精油の詳細情報や、そのエビデンスも記載。付録の表で、精油、成分、疾患の3方向から精油を調べることができ、アロマセラピーの知識だけでなく、精油や製造方法も理解できる。「精油編」「成分編」「実用編」と3部で構成され、「精油編」では、和製油を含む60種の精油の起源植物、性状などを1精油各1頁にまとめ、科学的・経験的側面の知見を記し、精油を化学物質と捉えて有害作用の注意喚起も行っている。「成分編」では、植物由来の50種類の精油成分の性質や用途をコンパクトにまとめ、「実用編」では、精油の基本的な使い方、アロマセラピーに関する基材(植物油やフローラルウォーターなど)、薬局方収載精油について、病院や薬局など現場で精油を扱う薬剤師が解説する。

目次

【I】 精油編
 植物の構造の基本
 精油編 ページの見方
【II】 成分編
 成分編 ページの見方
【III】 実用編
 1.精油の正しい使い方
 2.精油の正しい取り扱い
 3.基材と調整方法
 4.植物油
 5.フローラルウォーター
 6.薬局方収載精油

定価:本体3,600円+税

▼ 補足資料