戦後とは何か(上)

戦後とは何か(上)

政治学と歴史学の対話
著者名 福永 文夫
河野 康子
渡邉 昭夫
村松 岐夫
大嶽 秀夫
発行元 丸善出版
発行年月日 2014年06月
判型 A5 210×148
ページ数 228ページ
ISBN 978-4-621-08832-6
Cコード 1031
ジャンル 社会科学 >  法学・政治学

内容紹介

「戦後体制」が分水嶺に差し掛かっている昨今、いまこそ「戦後とは何か」を知る必要がある。来し方を知らなければ、行く末を誤る恐れがあるからだ。本書は「戦後」を様々な観点から議論し、戦後社会の総体をつまびらかにしようとした意欲的な書。戦後に関する類書は数多くあるが、政治学と歴史学がコラボレートして戦後体制を解明しようとしたのは本書が初めての試み。また、泰斗と第一線の若手研究者が対談で切り結ぶのも本書の大きな特徴となっている。

目次

Doing History?―歴史をするのか、歴史を書くのか、歴史を考えるのか(渡邉 昭夫)
戦後体制―行政学と地域の視点から(村松 岐夫)
戦後日本のシステム―多元主義、新自由主義、ポピュリズムの観点から(大嶽 秀夫)
戦前と戦後―政治と官僚制の視座(牧原 出)
「戦後歴史学」の戦後史(成田 龍一 )

関連商品

定価:本体2,000円+税
在庫:在庫あり