食品安全ハンドブック

食品安全ハンドブック

著者名 食品安全ハンドブック編集委員会
林 裕造 編集委員長
大野 泰雄 編集委員長
発行元 丸善出版
発行年月日 2010年01月
判型 B5 257×182
ページ数 892ページ
ISBN 978-4-621-08182-2
Cコード 3577
NDCコード 498
ジャンル 環境科学・生活科学 >  生活科学 >  栄養学・食品学
医学・薬学 >  医学・薬学_事典・ハンドブック

内容紹介

近年、大きな社会問題と化している食品問題――本書では、食品製造メーカーから飲食店まで、食に関係する業務に携わる人が熟知しておくべき食品衛生・食品安全について、具体例を豊富にあげながら最先端情報を提供。食品衛生行政・法規から、食中毒、衛生微生物、感染症汚染物質、腐敗、食品添加物、容器包装、食品表示、衛生管理、安全性、トレーサビリティシステムなど至るまで、網羅的体系的に解説。執筆陣は大学・公的機関の研究者から食品メーカー研究員まで総勢170名。理論と実践のバランスがとれた、現場で役立つ待望されたハンドブック。

目次

序章 
第I部 食品衛生安全の行政と科学
 第1章 食品安全行政体制
 第2章 安全性評価の考え方
 第3章 食品安全のリスク分析
 第4章 国際食品規格委員会の役割・業績
第II部 化学的要因の安全性評価
 第5章 安全性評価の方法と実際
 第6章 カビ毒・自然毒
 第7章 生体有害金属
 第8章 有害化学物質による汚染
 第9章 農薬・殺虫剤・除草剤などの生体影響
 第10章 食品成分・食品加工産物・食品添加物などの安全性評価事例              
 第11章 食品の医薬品との生体障害性相互作用
第III部 生物学的要因とその制御
 第12章 食品の微生物のリスクアナリシス
 第13章 食品媒介性感染症
 第14章 食品の腐敗・変敗と変質
第IV部 食品添加物、器具・容器包装、洗浄剤の安全性確保
 第15章 食品添加物
 第16章 食品用器具・容器包装
 第17章 食品用洗浄剤
第V部 食品の安全管理の実際
 第18章 国内食品の安全性確保
 第19章 輸入食品の安全性確保
 第20章 農薬等のポジティブリスト制度
 第21章 食品安全のためのリスクコミュニケーション
 第22章 消費者サービス  
 第23章 食品の表示
第VI部 特定食品とその法規
 第24章 健康食品の安全性確保
 第25章 有機食品と特別栽培農産物
 第26章 遺伝子組換え食品の安全性と表示
 第27章 食品工場における衛生安全管理の実務
 第28章 食品のトレーサビリティシステム
 【付録1】食の安全に関する主な法令一覧
 【付録2】食品関係団体一覧 
 【付録3】食品安全基本法
 【付録4】消費者基本法 
 【付録5】食品・食品添加物規格基準(抜粋)
 【付録6】JAS法(農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律)の品質表示基準
 【付録7】食品衛生法に基づく表示指導要領
 【付録8】世界の照射食品の許可一覧
 【付録9】食中毒統計(原因施設別・原因食品別・病因物質別)
 【付録10】摂取量調査
 【付録11】食品苦情統計(東京都)
 【付録12】器具・容器包装、おもちゃ、洗浄剤の規格基準

定価:本体35,000円+税
在庫:在庫あり