健康食品・中毒百科

健康食品・中毒百科

著者名 内藤 裕史
発行元 丸善出版
発行年月日 2007年01月
判型・装丁 B5 257×182 / 並製
ページ数 360ページ
ISBN 978-4-621-07840-2
Cコード 0077
NDCコード 493
ジャンル 環境科学・生活科学 >  生活科学
医学・薬学 >  臨床医学・内科系
医学・薬学 >  薬学

内容紹介

本書は健康食品による健康被害の1000の事例をまとめたもので、事例はすべて学術論文から引用している。痩せ薬(下剤、利尿剤など)、健康食品(アガリクス、クロレラ、プロポリス、ドクダミ、胎盤エキスなど)、漢方薬・生薬の3部構成。健康食品は安全で副作用がないと一般に広く信じられているが、品質の均一性・再現性・純度が保証されておらず、摂取量・摂取方法・摂取経路・効果の目安についての科学的根拠もない。被害情報を知ることにより、個人差はあるが、被害を未然に防いだり、被害が発生したときの対応も容易になる。

目次

第Ⅰ部 痩せ薬
 1.フェンフルラミン,ニトロソフェンフルラミン  
 2.フェニルプロパノールアミン,プソイドエフェドリン  
 3.アリストロキン酸  
 4.シブトラミン,マジンドール  
 5.クロム 
 6.ジニトロフェノール,ウスニン酸 
 7.アマメシバ 
 8.下剤  
 9.利尿剤  
 10.甲状腺ホルモン  
 11.メリロート,クマリン  
 12.ダイエットタンパク  
 13.ムシゴケ,ツノマタゴケ  
 14.キトサン  
 15.羅漢果(ラカンカ)
 16.ニガクサ
第Ⅱ部 健康食品
 17.アガリクス,カバノアナタケ,マンネンタケ,メシマコブ  
 18.シイタケ皮膚炎  
 19.トリプトファン  
 20.イチョウ葉エキス  
 21.プロポリス,ミツバチ花粉,蜜蝋  
 22.ゲルマニウム  
 23.クロレラ,スピルリナ,アファニゾメノン  
 24.チャパラル,クレオソート
 25.カヴァ  
 26.コンフリー  
 27.コイの胆のう  
 28.紅茶キノコ  
 29.ドクダミ  
 30.インゲン豆、ヨウシュヤマゴボウ、ヤマゴボウ  
 31.カルシウム・サプリメント  
 32. ブラック・コホッシュ,升麻  
 33.ペニーローヤルミント 
 34.スターフルーツ  
 35.ノニジュース
 36.胎盤抽出物,臓器抽出物
 37.アトピー性皮膚炎
第Ⅲ部 漢方薬,生薬
 38.黄芩(オウゴン)
 39.甘草(カンゾウ)
 40.麻黄(マオウ),エフェドリン
 41.附子(ブシ),烏頭(ウズ)
 42.桂皮(ケイヒ)
 43.人参
 44.牡丹皮(ボタンピ),芍薬(シャクヤク),白蘚皮(ハクセンピ)
 45.鬱金(ウコン)
 46.一位(イチイ)
 47.蟾酥(センソ),蟾蜍(センジョ)
 48.何首烏(カシュウ)
 49.雷公藤(ライコウトウ),ホルトカズラ
 50.巴豆(ハズ),トウゴマ,アブラギリ
 51.八角蓮(ハッカクレン)
 52.白屈菜(ハックツサイ)
 53.斑蝥(ハンミョウ)
 54.その他の漢方薬および生薬
 55.漢方薬・民間薬中の合成医薬品
 56.漢方薬・民間薬中の重金属

定価:本体2,800円+税