高齢者の患者学

高齢者の患者学

“治す(ナオス)医療”から“治し支える医療”へ
著者名 秋下 雅弘 監修
東京大学医学部附属病院老年病科
発行元 アドスリー
発行年月日 2020年01月
判型 A5 210×148
ページ数 126ページ
ISBN 978-4-904419-92-2
Cコード 3047
ジャンル 医学・薬学

内容紹介

加齢での体と心の変化・基本的な知識がスンナリと身につく読み物。いろいろな疾患や症状とどう向き合うべきなのか、どう付き合えばよいのか、当事者として、また家族としてどう振る舞えばよいのか、「新しい患者学」の視点から構成しています。

目次

1.フレイルと老年症候群について―歳をとるとは
2.転倒・骨折とその予防法
3.認知症の症状と予防法
4.認知症に伴う諸症状―妄想、幻覚、易怒
5.肺の病気にならないために─ 肺炎および COPD の対策
6.スマート服薬のすすめ
7.高齢者の高血圧─緩やかな管理で老化を緩やかに
8.高齢者の糖尿病―緩やかな管理で老化を穏やかに
9.高齢者のやせとその対策
10.高齢者の不眠―遅寝早起きで睡眠薬の害を避ける
11.頻尿・尿失禁―排尿トラブル
12.在宅医療―自宅が診察室

定価:本体2,200円+税
在庫:在庫あり