異郷のイギリス

異郷のイギリス

南アフリカのブリティッシュ・アイデンティティ
著者名 堀内 隆行
発行元 丸善出版
発行年月日 2018年09月
判型 A5 210×148
ページ数 290ページ
ISBN 978-4-621-30323-8
Cコード 3322
NDCコード 208
ジャンル 人文科学
人文科学 >  歴史学

内容紹介

■南アフリカの特異な人種構成からひもとくイギリス系人種のアイデンティティの模索
南アフリカは、白人のイギリス系とアフリカーナー(オランダ系・ボーア人)、さらに黒人、カラード(ケープタウン周辺の先住民、混血の人々)、移民と人種構成の特異な国である。南アフリカでおこった人種差別政策の始まりにはに白人同士の対立があり、歴史の中でいかにイギリス系の白人国家意識が確立されてきたかを当時の文献を元に検証する。
アパルトヘイト研究に偏った南アフリカ史研究のなかにイギリスの問題を定位し、イギリス帝国の植民地支配の歴史の理解、現代南アフリカの精神性、エスニシティの理解にも資する意欲作。

目次


パーラメント・スクエアの銅像/南アフリカにとってのイギリス

第一部 ミルナー・キンダーガルテンと南アフリカ連邦結成
 はじめに―― 二〇世紀初頭までのケープと南アフリカ
 第一章 キンダーガルテンの南アフリカ経験
  一 キンダーガルテンの登場
  二 中国人労働者導入問題と「白人国家」の認識
  三 連邦結成と入植者ナショナリズムの認識
 第二章 連邦結成と「和解」の創出
  一 連邦結成とケープ
  二 連邦結成運動と『ステイト』誌
  三 「和解」の表象
 おわりに――キンダーガルテンとイギリス帝国

第二部 イギリス系歴史家たちの南アフリカ経験
 はじめに――二〇世紀前半の南アフリカ
 第三章 エリック・ウォーカーと南アフリカのブリティッシュ・リベラリズム
  一 「フロンティアの伝統」と「ムフェカネ」
  二 ケープ・リベラリズムの神話
  三 イギリス帝国の変容とウォーカー
 第四章 ウィリアム・マクミランの南アフリカ時代
  一 ケープとプア・ホワイト問題(一八九一〜一九一七)
  二 トランスヴァールとアフリカーナー・ナショナリズム(一九一七〜三三年)
  三 イギリスのアフリカ植民地政策とマクミラン(一九三三〜七四)

第三部 イギリス系とカラード
 はじめに――一九一〇年代までのカラード
 第五章 一九二〇、三〇年代のイギリス系とカラード
  一 イギリス系の歴史家とカラード
  二 カラードと歴史
 第六章 初期の南アフリカ共産党とイギリス系、カラード
  一 ビル・アンドリューズからシドニー・バンディングへ
  二 シシ・グール
 おわりに――ネルソン・マンデラの道

結論
      

定価:本体6,000円+税
在庫:在庫あり