明治大学文人物語

明治大学文人物語

屹立する「個」の系譜
著者名 吉田悦志
発行元 明治大学出版会
発行年月日 2016年05月
判型 四六 188×128
ページ数 288ページ
ISBN 978-4-906811-18-2
Cコード 0095
ジャンル 人文科学 >  歴史学
文芸

内容紹介

明治大学の創立者・教員文学者(第2章)・卒業生(第3章)といった、明大ゆかりの人物たちの歩みと思想をたどり、その特徴を「日本海地域の精神文化」と喝破する好著。第1章では、岸本辰雄、宮城浩蔵、矢代操、磯部四郎、杉村純一らの理念と動向を、第2章では、ついに実現しなかった「明治文学会」の経緯を追って、上田敏、夏目漱石、内海月杖、登張竹風、そして笹川臨風を、第3章では、卒業生の活躍として、平出修、尾佐竹猛、子母澤寛を、第4章では著者と直接薫陶を受けた中村光夫、平野謙を論じる。

目次

第1部 創立者たち
第1章 創立者・「明法寮の五人組」/第2章 明治法律学校の創設/第3章 岸本辰雄と鳥取
第2部 明治文学会と笹川臨風
第1章 明治文学会/第2章 笹川臨風
第3部 卒業生たち
第1章 平出修の活動と文学/第2章 尾佐竹猛/第3章 子母澤寛
第4部 文学者たち
第1章 中村光夫の評論―広津和郎への違和/第2章 平野謙の評論―広津和郎への信頼
あとがき/索引

定価:本体3,200円+税
在庫:在庫あり