料金徴収施設設置基準(案)・同解説

料金徴収施設設置基準(案)・同解説

発行元 日本道路協会
発行年月日 1999年09月
判型・装丁 A4 297×210
ページ数 231ページ
ISBN 978-4-88950-118-6
Cコード 2051
NDCコード 514
ジャンル 土木・建築 >  土木 >  道路・交通工学

内容紹介

我が国における有料道路のネットワークは、複数の事業者により形成されており、事業者毎に料金体系が異なっていることや利用者の利便性などを考慮し、全国の有料道路で共通に利用できるシステムをコンセプトとして研究開発が進められてきました。その成果として、ETCを含む料金徴収施設を整備する際に考慮すべき諸元、設置方法等が「料金徴収施設設置基準(案)について」(平成11年3月29日 道路局長)として通達されました。 本書は、この基準の運用等ETCを含む料金徴収施設を整備する上で考慮すべき事項について解説したものであります。

目次

1.総則
2.料金徴収施設
3.トールゲート
4.関連施設
5.路側無線装置
6.プロトコル
7.ETCアプリケーションインターフェース
8.維持管理

定価:本体5,500円+税
在庫:在庫僅少