道路橋の耐震設計に関する資料

道路橋の耐震設計に関する資料

発行元 日本道路協会
発行年月日 1997年03月
判型・装丁 A4 297×210
ページ数 472ページ
ISBN 978-4-88950-235-0
Cコード 2051
NDCコード 515
ジャンル 土木・建築 >  土木 >  道路・交通工学

内容紹介

本資料は、平成8年11月1日に改定された道路橋示方書 V 耐震設計編に準じて新設橋梁の耐震設計を行う場合に、できるだけこれが円滑に行うことができるように、設計の流れや計算例を示し、道路橋の耐震設計に関する資料としてとりまとめたものです。この中では、一般的な橋梁条件を対象として、鉄筋コンクリート橋脚、鉄筋コンクリートラーメン橋脚、鋼製橋脚、各種の形式の基礎、支承部構造、落橋防止システムおよび免震設計について、これらの設計の流れや計算例を示しております。ただし、本資料に示した設計計算例は、ある設計条件におけるあくまで一つの事例であるので、本資料の利用に際しては、これを画一的に適用することなく、道路橋示方書の条文や解説の中に示されている規定の主旨や背景、根拠を十分に踏まえながら適切に参考にしてください。

目次

1.本資料の利用に際して
2.鉄筋コンクリート橋脚を用いた場合の設計計算例
3.鉄筋コンクリートラーメン橋脚の設計計算例
4.鋼製橋脚を用いた場合の設計計算例
5.免震設計を用いた場合の設計計算例
6.地震時に不安定となる地盤がある場合の設計計算例
7.ケーソン基礎の設計計算例
8.鋼管矢板基礎の設計計算例
9.PHC杭基礎の設計計算例
10時刻歴応答解析に用いる標準地震入力例

定価:本体2,000円+税
在庫:お問い合わせください