戦略としてのビジネス倫理入門

戦略としてのビジネス倫理入門

著者名 高橋 浩夫
発行元 丸善出版
発行年月日 2016年07月
判型 四六 188×128
ページ数 188ページ
ISBN 978-4-621-30055-8
Cコード 3034
ジャンル 社会科学 >  経営学
社会科学 >  ビジネス

内容紹介

社会にインパクトを与える企業不祥事がいまだに絶えないのはなぜか――グローバル化に伴う社会規範の変化によって新たな不祥事も起こりかねない現代社会において、企業の持続的経営に必要不可欠なもの、それが「ビジネス倫理」である。本書では、我が国でビジネス倫理の企業経営への導入を推進してきた筆者が、これからの持続的経営においてこの概念がいかに重要なのかを、具体的な事例を盛り込みながら興味深く解説する。

目次

序章 戦略としてのビジネス倫理
第1章 ビジネス倫理とは何か
 1 ビジネス倫理が問われる背景
 2 ビジネスエシックスのルーツ
 3 ビジネス倫理が問われる具体的行為とは何か
 4 ビジネス倫理とは何か
 5 ビジネス倫理の制度化とは
 6 ビジネス倫理遵守の事例研究
第2章 経営戦略とビジネス倫理
 1 ビジネス倫理研究の二つの流れ
 2 経営戦略とビジネス倫理との関係
 3 戦略としての日本のビジネス倫理
 4 最高意思決定機構とビジネス倫理
第3章 社会環境の変化とビジネス倫理 
 1 企業と環境との関係
 2 ビジネス倫理からみた企業目線の変化
 3 グローバルビジネス行動基準とのリンケージ
 4 ダイバーシテーマネジメントとビジネス倫理
第4章 今、なぜCSRなのか――企業の社会的責任との関係
 1 「企業の社会責任」とCSR
 2 CSRの発端と企業の危機意識
 3 企業の社会責任と今日のCSRの違い
 4 日本企業の具体的取組み
 5 CSRからCSVへ――企業のグローバル戦略として考える
第5章 ビジネス倫理教育の新たな挑戦――アメリカのビジネススクール教育の新潮流
 1 同時多発テロ事件以後のアメリカのビジネススクール
 2 ビジネススクール教育への疑問
 3 ビジネス倫理教育の強化と方法
 4 ドラッカースクールとPRME
 5 日本の大学におけるビジネス倫理の授業
【付録】三位一体構想によるビジネス倫理の研究・教育・普及機関

定価:本体2,000円+税
在庫:在庫あり