アロマセラピー標準テキスト 臨床編

アロマセラピー標準テキスト 臨床編

著者名 日本アロマセラピー学会
発行元 丸善出版
発行年月日 2010年11月
判型 B5 257×182
ページ数 162ページ
ISBN 978-4-621-08299-7
Cコード 3047
NDCコード 499
ジャンル 医学・薬学 >  その他医療系

内容紹介

アロマセラピーは精油の芳香を利用した治療法であり、補完代替医療法の1つ。しかし、医療に応用するアロマセラピーには科学的な根拠(エビデンス)が必要であり、臨床実践するためには代替医療や補助療法としての正しい精油の知識が必要で、充分なインフォームド・コンセントを行う必要がある。 本書は、臨床医を中心とした医療従事者の学術団体「日本アロマラピー学会」によって編集された安全にメディカルアロマセラピーを実践するためテキスト。臨床の現場でアロマセラピーがどう使われ、どのような効果をあげているのか、またその注意点はどこか、最近のエビデンスや実際にアロマセラピーを実践している例を示しつつ、各診療科についてのアロマセラピーを分かりやすく解説。『アロマセラピー標準テキスト 基礎編』と併せて、アロマセラピーをすでに使用もしくは検討している医療従事者が知っておくべき内容が盛り込まれている。

目次

第1章 内科
第2章 整形外科
第3章 脳神経外科
第4章 皮膚科
第5章 耳鼻咽喉科
第6章 産婦人科
第7章 小児科
第8章 神経精神科
第9章 歯科
第10章 緩和ケアとアロマセラピー
第11章 アニマルアロマセラピー
第12章 スポーツとアロマセラピー
第13章 自律神経とアロマセラピー
第14章 生活習慣病とアロマセラピー
付表 おもな精油の性質と応用

定価:本体2,900円+税
在庫:お問い合わせください