現代住宅研究の変遷と展望

現代住宅研究の変遷と展望

著者名 住宅総合研究財団
発行元 丸善出版
発行年月日 2009年09月
判型 B5 257×182
ページ数 392ページ
ISBN 978-4-621-08176-1
Cコード 3052
NDCコード 365
ジャンル 土木・建築 >  建築

内容紹介

住宅は、社会の変化や時代の要請を受けて大きく変化してきた。住宅研究の先人たちは、近代家族、ライフスタイル、コミュニティ形成、高齢社会、マス・ハウジング、工業化、ストック型社会等をキーワードに様々な角度から調査・分析を行い、時代に対応あるいは先取りする提案さらには実践をしてきた。本書はわが国の住宅あるいは住宅建設・整備に大きな影響を与えた主要な文献を、テーマごとに、そして大きくは戦後復興期、高度成長期、バブル期、安定成長期といった時代区分ごとに追跡。それぞれの研究テーマは正に時代を反映したものであり、そこには次代のテーマの萌芽が見え隠れしている。今日の住宅の課題を知り、今後取り組むべき研究テーマを展望するために、住宅研究を志す方々はもとより住宅問題に関心を持つ多くの方々に是非お薦めの一冊。

目次

第Ⅰ部 住宅研究の変遷
概説:住宅研究の意義と展開
第1章:家族と住生活
第2章:住宅供給
第3章:集住計画
第4章:高齢者居住
第5章:住宅政策・住宅市場と住教育
第6章:住宅管理・居住地管理
第7章:住宅構法と住宅生産
第8章:建築史における住宅
第9章:都市計画における住宅
第10章:農村計画における住宅
第11章:環境工学における住宅
第12章:住宅系学位論文の動向
資料:日本建築学会大会における住宅関連研究

第Ⅱ部 これからの住宅研究
概説:住宅研究の課題と展望
第1章:少子高齢化と家族・コミュニティの再編
第2章:住宅ストックの増大と環境問題への対応
第3章:住宅政策の転換とまちづくり・むらづくり

座談会:編集を終えて


目次(旧)
第1部 住宅に関わる研究の動向
1.家族と住生活 2.住宅供給 3.コミュニティと集住様式 4.高齢者居住 5.住宅市場と住宅政策
6.住宅管理と住宅地管理 7.住宅構法と住宅生産 8.建築史における住宅 9.都市計画における住宅
10.農村住宅における住宅 11.環境工学における住宅 12.住宅系学位論文の動向

第2部 住宅に関わる課題と展望
1.少子高齢化と家族・コミュニティの再編
2.住宅ストックの増大と環境問題への対応
3.住宅政策の転換とまちづくり・むらづくり

定価:6,160円
(本体5,600円+税10%)
在庫:お問い合わせください