圧縮性流れの理論

圧縮性流れの理論

著者名 Ethirajan Rathakrishnan
鈴木 宏二郎
久保田 弘敏
発行元 丸善出版
発行年月日 2008年06月
判型 A5 210×148
ページ数 240ページ
ISBN 978-4-621-07969-0
Cコード 3053
NDCコード 534
ジャンル 土木・建築 >  土木 >  構造力学・地盤工学
機械・金属・材料 >  機械工学一般
機械・金属・材料 >  機械工学一般 >  有限要素法

内容紹介

圧縮性流体力学の基礎をコンパクトにまとめた書。理論のエッセンスを、多数の例題を示しながらわかりやすく解説。 熱力学の基礎の復習からはじめ、1次元から2次元へと拡張し、圧縮性流れ特有の複雑現象、超音速流中での翼まわり流れを解説。つづいて非粘性流の基礎としてポテンシャル流れおよび微小擾乱理論から摩擦と熱伝達のある流れを述べる。 流れは高速になると「のびも縮みもしない流体」から「のび縮みする圧縮性流体」へと変化。「のび縮み」を許された流れは、しばしば低速流れの常識を超えたふるまいを見せるが、その理論は奥深く,ときに美しくさえある。工業的にもタービン、高圧配管の内部、飛行中のジェット旅客機まわりやそのエンジン内部の流れなどに応用され、現代社会を支える技術として貢献。本書はその入門書。

目次

1章 定常1次元流れ
2章 垂直衝撃波の理論
3章 斜め衝撃波と膨張波の理論
4章 圧縮性ポテンシャル流れの方程式
5章 微小擾乱理論
6章 摩擦と熱伝達のある流れ

定価:本体2,800円+税
在庫:在庫あり