希土類とアクチノイドの化学

希土類とアクチノイドの化学

原書名 Lanthanide And Actinide Chemistry
著者名 足立 吟也 監修
日夏 幸雄
宮本 量
発行元 丸善出版
発行年月日 2008年01月
判型 A5 210×148
ページ数 360ページ
ISBN 978-4-621-07937-9
Cコード 3043
ジャンル 化学・化学工学 >  無機化学

内容紹介

希土類およびアクチノイド化学の基礎から多様な知識と応用について分かりやすく解説した入門書。希土類だけでなくアクチノイドの性質について希土類との違いがわかるようにしっかり解説されている本はほかにはなく、本書の特徴でもある。学部三年生から院生の教科書として、または合成化学分野の企業の若手開発技術者の参考書として活用できる一冊。

目次

1 希土類を学ぶにあたって
2 希土類―その基礎と熱化学
3 希土類の金属と化合物
4 希土類の配位化学
5 ランタニドの電子的性質と磁気的性質
6 希土類の有機金属化学
7 はみ出し者の元素:スカンジウム,イットリウム,プロメチウム
8 有機化学に用いられるランタニドとスカンジウム
9 アクチノイド入門
10 アクチノイドの二元系化合物
11 アクチノイドの配位化学
12 アクチノイドの電子的・磁気的性質
13 アクチノイドの有機金属化学
14 超アクチニドの合成と化学

定価:本体4,900円+税
在庫:在庫あり