カテゴリ別お知らせ

『Excelで気軽に化学工学』例題ファイルダウンロードページ

『Excelで気軽に化学工学』の概要および内容についてはこちらをご覧ください。

■このページからダウンロードできるファイルについて

 ・「例題ファイル」は、本書の例題で使用される計算式とデータが、「テンプレートファイル」は、本書で使用されるデータのみが収載されています。最初に本書を読むときには「例題ファイル」を使用して下さい。さらに、自分で計算式を作成し、より進んだ学習を行いたい人は「テンプレートファイル」を使用して下さい。

 ・一部のファイルにはマクロが使用されています。ファイルを開く際に、もしセキュリティ警告が表示されたときには、「マクロを有効にする」をクリックして下さい。

 ・Excel*ファイルは、Windows版 Excel2003 にて動作確認をしております。

 ・下記一覧表の下部に、「例題ファイル」「テンプレートファイル」それぞれ一括ダウンロードできるファイル(zip圧縮ファイル)をご用意しましたのでご利用ください。

 ※解凍ツールはユーザ各自でご用意くださいますようお願いいたします。
 ※解凍の際は、書籍内でご案内のパスワードをご入力ください。※ユーザー名(ID)は不要です。



 ・ダウンロードされたExcel*ファイル、プログラムの著作権は、本書の著作者に帰属します。
 本ファイルの利用は、本書読者の家庭内・学校/企業内における学術的利用に限り許諾されます。権利者に無断で複製、頒布、インターネット上での配布およびダウンロードできるようにすることは法律で禁じられております。
 本ファイルの使用による読者の計算機やソフトウェアなどの損傷、事業上の損害など、ファイルの使用に関して読者に損害が発生したとしても、著作権者および丸善出版株式会社はその責任を負いません。

 ・Excelファイルを使用する際に、 「マクロが使用できません。」と表示される場合がございます。
その際には、Excelの[ツール]メニューの、 [マクロ] -[セキュリティ] で、「セキュリティレベル」を「低」にして、いったんExcelを終了後、 再度Excelを立ち上げてファイルを開いてください。
お手数ですが、作業後に、セキュリティレベルを戻してからExcelを終了して下さい。

 *Excel,Windowsは米国およびその他の国における米国Microsoft Corporationの登録商標です。

 

 ※本サービスは予告なく変更または、停止、終了することがございますので、予めご了承ください。

 

■「微分方程式解法シート」の精度を改良いたしました(2007.9.28)

精度を改良したRunge-Kutta法
(時間で条件が変わるなど等間隔刻み幅が必要な問題で使用)
(LV-model, adsp1, dry2, therm1, therm11, therm12, rxn6, rxn7)

可変刻み幅のRunge-Kutta-Fehlberg法
(Excelアドイン”ODE_Solver”(Polymath Software)にも使われている 高精度の解法)
(dist4, memb19,memb11,memb12,memb13, memb14, memb21, memb22, memb25, memb26, memb27, fluid3, fluid4, therm4, therm10, rxn4, rxn5, rxn8, rxn9, rxn10, contr1, contr2, contr3, contr4, contr5, contr6, contr7)

の2種類がございます。
■お問い合わせ先

  例題の内容について  伊東 章 ito.akira2@nifty.com
  ダウンロードの不具合  丸善出版(株)お問い合わせフォーム

 

例題 例題ファイル名 テンプレートファイル名
1章 技術計算のためのExcelのツール      
  1.1 沸点計算 dist1b.xls dist1b_temp.xls
  1.2 連立方程式 therm7b.xls therm7b_temp.xls
  1.3 データの数値積分 integ.xls integ_temp.xls
  1.4 破過曲線の数値積分 simpson.xls simpson_temp.xls
  1.5 生態系のモデル LV-model.xls LV-model_temp.xls
2章 蒸   留      
  2.1 2成分系溶液の沸点計算 dist1.xls dist1_temp.xls
  2.2 2成分系の気液平衡図 dist2.xls  
  2.3 気液平衡データの相関(Wilsonパラメータ) dist3.xls dist3_temp.xls
  2.4 単蒸留の蒸留曲線 dist4.xls dist4_temp.xls
  2.5 フラッシュ蒸留 dist5.xls dist5_temp.xls
  2.6 精留(4段) dist6.xls dist6_temp.xls
  2.7 精留(8段) dist7.xls dist7_temp.xls
3章 抽   出      
  3.1 連続単抽出 extrac1.xls extrac1_temp.xls
  3.2 向流多段抽出 extrac2.xls extrac2_temp.xls
4章 吸   収      
  4.1 ガスの溶解度式の相関 param1.xls param1_temp.xls
  4.2 吸収塔の高さ absp1.xls absp1_temp.xls
  4.3 総括移動単位数 absp2.xls absp2_temp.xls
5章 ガス系の膜分離操作      
  5.1 風船が浮いている時間 memb19.xls memb19_temp.xls
  5.2 完全混合モデル memb10.xls memb10_temp.xls
  5.3 プラグフロー-完全混合モデル memb11.xls memb11_temp.xls
  5.4 両側プラグフローモデル memb12.xls memb12_temp.xls
  5.5 4成分系両側プラグフローモデル memb13.xls  
  5.6 パーベーパレーション操作のモデル memb14.xls memb14_temp.xls
6章 液系の膜分離      
  6.1 Ruth式のパラメータ推定 memb20.xls memb20_temp.xls
  6.2 Ruthの濾過方程式 memb21.xls memb21_temp.xls
  6.3 クロスフロー濾過 memb22.xls memb22_temp.xls
  6.4 限外濾過の浸透圧モデル memb23.xls memb23_temp.xls
  6.5 流速変化法 memb24.xls memb24_temp.xls
  6.6 回分式濃縮操作 memb25.xls memb25_temp.xls
  6.7 逆浸透の連続濃縮操作 memb26.xls memb26_temp.xls
  6.8 限外濾過の連続濃縮操作 memb27.xls memb27_temp.xls
7章 吸着・クロマトグラフィー      
  7.1 吸着等温線 param4.xls param4_temp.xls
  7.2 固定層吸着の破過曲線 adsp1.xls adsp1_temp.xls
  7.3 クロマトグラフィーの理論段モデル chromato2.xls chromato2_temp.xls
8章 調湿      
  8.1 湿球温度・露点 hum1.xls hum1_temp.xls
  8.2 空気の調湿 hum2.xls hum2_temp.xls
  8.3 断熱増湿装置 hum3.xls hum3_temp.xls
9章 乾燥      
  9.1 板状材料の熱風伝導乾燥 dry1.xls dry1_temp.xls
  9.2 水滴の蒸発時間 dry2.xls dry2_temp.xls
  9.3 材料内拡散支配の乾燥(減率乾燥) dry3.xls dry3_temp.xls
10章 粒子系操作・晶析      
  10.1 粒子径分布の諸計算 pow1.xls pow1_temp.xls
  10.2 Rosin-Rammler式 pow2.xls pow2_temp.xls
  10.3 正規分布 pow3.xls pow3_temp.xls
  10.4 粒度分布関数 pow4.xls pow4_temp.xls
  10.5 スラリーの沈降速度 sed1.xls sed1_temp.xls
  10.6 完全混合槽型晶析装置 crysta1.xls crysta1_temp.xls
11章 プロセス流体工学      
  11.1 ポンプ輸送の動力 fluid1.xls fluid1_temp.xls
  11.2 コーナータップオリフィスの設計 fluid2.xls fluid2_temp.xls
  11.3 粒子の飛跡 fluid3.xls fluid3_temp.xls
  11.4 境界層方程式 fluid4.xls fluid4_temp.xls
12章 装置内の混合モデル      
  12.1 混合拡散モデル mix1.xls mix1_temp.xls
  12.2 槽列モデル mix2.xls mix2_temp.xls
  12.3 槽列モデルのパラメータ mix3.xls mix3_temp.xls
13章 伝   熱      
  13.1 円管の保温 therm1.xls therm1_temp.xls
  13.2 非定常1次元伝導伝熱(板状材料の冷却) therm2.xls therm2_temp.xls
  13.3 2次元定常温度分布 therm3.xls therm3_temp.xls
  13.4 温度境界層方程式 therm4.xls therm4_temp.xls
  13.5 複合伝熱 therm5.xls therm5_temp.xls
  13.6 自然対流による冷却 therm6.xls therm6_temp.xls
  13.7 熱交換器の性能 therm7.xls therm7_temp.xls
  13.8 熱交換器システムの性能 therm8.xls therm8_temp.xls
  13.9 多重効用蒸発 therm9.xls therm9_temp.xls
  13.1 周期変化の熱応答 therm10.xls therm10_temp.xls
  13.11 加熱・冷却槽の温度応答 therm11.xls therm11_temp.xls
  13.12 加熱・冷却槽の温度制御 therm12.xls therm12_temp.xls
14章 反応工学      
  14.1 アンモニアの平衡転化率 rxn1.xls rxn1_temp.xls
  14.2 n次反応の反応次数 rxn2.xls rxn2_temp.xls
  14.3 Michaelis-Menten式による相関 rxn3.xls rxn3_temp.xls
  14.4 逐次反応 rxn4.xls rxn4_temp.xls
  14.5 反応熱・反応速度を考慮した回分反応操作の解析 rxn5.xls rxn5_temp.xls
  14.6 連続撹拌槽型反応器(CSTR) rxn6.xls rxn6_temp.xls
  14.7 CSTRの制御 rxn7.xls rxn7_temp.xls
  14.8 液相押し出し流れ反応操作 rxn8.xls rxn8_temp.xls
  14.9 触媒反応層の温度分布(1) rxn9.xls rxn9_temp.xls
  14.1 触媒反応層の温度分布(2) rxn10.xls rxn10_temp.xls
15章 制御      
  15.1 1次遅れ系のステップ応答 contr1.xls contr1_temp.xls
  15.2 2次遅れ系のステップ応答 contr2.xls contr2_temp.xls
  15.3 1次遅れ・比例制御系の応答 contr3.xls contr3_temp.xls
  15.4 2次遅れ・比例制御系の応答 contr4.xls contr4_temp.xls
  15.5 1次遅れ・比例・積分制御系の応答 contr5.xls contr5_temp.xls
  15.6 2次遅れ・比例・積分制御系の応答 contr6.xls contr6_temp.xls
  15.7 2次遅れ・PID制御系の応答 contr7.xls contr7_temp.xls
16章 総合問題  生産プロセスの設計と経済性評価 sogomondai.xls  

一括ダウンロード

※解凍の際は、書籍内でご案内のパスワードをご入力ください。(ユーザー名(ID)は不要です)
※お使いの環境によっては、解凍時、フォルダを開く際ではなく、excelファイルを開く際にパスワードを聞かれる場合がございます。その場合には、excelファイルを開く際に、書籍内でご案内のパスワードをご入力ください。(その際もユーザー名(ID)は不要です)

例題ファイル一括ダウンロード(1143kb) chem_eng.zip

テンプレートファイル一括ダウンロード(812kb) chem_eng_temp.zip

関連商品

▲ ページの先頭へ