教育と社会学

教育と社会学

著者名 エミール デュルケム
古川 敦
発行元 丸善プラネット
発行年月日 2022年01月
判型 四六 188×128
ページ数 228ページ
ISBN 978-4-86345-510-8
Cコード 3037
ジャンル 人文科学 >  教育学
人文科学 >  社会学

内容紹介

デュルケム教育学説の特質は、1)「個人の人格」の尊重、2)「知性」の錬磨、3)「全人類的な価値」の創造、などの点に求められるように思われる。

 本訳書は、このことを踏まえたうえで、新たな解釈の方向性を探究しようとするものにほかならない。

 必ずしも十分ではないが、読み進んでいただければ、従来とは異なったデュルケム像が浮かび上がってくるのではなかろうか。

目次

凡例

 序論 教育に関するデュルケムの業績(ポール・フォーコンネ)
  第一節 社会的事実としての教育
  第二節 教育学と教授学
  第三節 道徳教育論
  第四節 小学校における知的教育
  第五節 中等教授の進化と役割
  第六節 教育学説の歴史的な研究


 第一章 教育、その本質と役割
  第一節 従来の教育の定義に関する批判的な検討
  第二節 教育の定義
  第三節 先の定義の帰結——教育の社会的な特質
  第四節 教育に関する国家の役割
  第五節 教育作用の力と手段


 第二章 教授学の本質と方法
  第一節 教育に関する科学
  第二節 教授学の本質
  第三節 教授学の役割
  第四節 教授学に関する教養


 第三章 教授学と社会学
  第一節 社会的な事物としての教育
  第二節 教育の社会的な機能
  第三節 社会学的観点の不可欠性


 第四章 フランスにおける中等教授の進化と役割
  第一節 教育事象に関する体系的な熟慮
  第二節 中等教授組織の特徴
  第三節 中等教授における教師の任務
  第四節 教育制度に関する歴史的な認識
  第五節 教育の理想に関する歴史的な認識
  第六節 歴史的な探究の意義


 原注
 訳注
 訳者あとがき
 索引

定価:2,420円
(本体2,200円+税10%)
在庫:在庫あり