図解 医療の世界史

図解 医療の世界史

データとイメージで読み解く
著者名 久繁 哲徳
発行元 丸善出版
発行年月日 2021年12月
判型 四六 188×128
ページ数 226ページ
ISBN 978-4-621-30679-6
Cコード 0047
NDCコード 490
ジャンル 医学・薬学 >  医学一般 >  医学読み物

内容紹介

【古代から「健康」はどれほど改善されてきたのか?医療評価を軸に世界の医療の歴史を捉える一冊】

病気の苦しみから解放し,健康を良くするための医療.だが,その目覚しい発展にもかかわらず,おおくの医者や患者が,「上手くやっているはずなのに,ますます悪くなっている」と感じている.そのため現代にいたり,ほんとうに医療が,どれほど健康を改善し,害でなく利益をもたらしているのか,データと根拠に基づく評価が始められた.本書は,日本に医療評価を取り入れた第一人者が,古代から中世にいたる医療を,これまでにない全く新しい切り口で振り返る.常識を打ち破り,あらたな医療のありかたを探る,すべての人に,そのヒントと手引きを提示する.

目次

第1章 医療の歴史 健康改善に果たしてきた役割
第2章 歴史の転換点 科学・技術革命による大転換
第3章 現代医療の最も重要な発展は何か? ①英国医学雑誌の投票
第4章 現代医療の最も重要な発展は何か? ②アインシュタインよりも偉大な医学者
第5章 現代医療の最も重要な発展は何か? ③臨床医による医療革新の評価
第6章 先史時代(狩猟採集時代) 呪術的な医療の発生
第7章 人類の進化から病気を探る 進化医学の興隆
第8章 文明の曙 多様な医療文化の展開
第9章 古代の医療 神話からの離脱と臨床経験の集積
第10章 中世の医療 宗教的沈滞から近代医療の萌芽へ
付 論 新型コロナウイルスのパンデミック 事実と根拠に基づく意思決定へ(2020年10月時点での評価)

関連商品

定価:2,640円
(本体2,400円+税10%)
在庫:お問い合わせください