道路土工構造物点検必携(令和2年版)

道路土工構造物点検必携(令和2年版)

発行元 日本道路協会
発行年月日 2020年12月
判型 B6 182×128
ページ数 378ページ
ISBN 978-4-88950-423-1
Cコード 2051
ジャンル 土木・建築 >  土木 >  道路・交通工学

内容紹介

道路土工構造物点検必携は、道路管理者をはじめ道路土工構造物の点検に係わる業務を行う技術者が適切に業務を遂行するために知っておくべき施設の特徴や切土・盛土の崩壊の特徴、さらに崩壊につながる変状事例など、点検・診断に関するさまざまな情報を取りまとめた資料であり、平成30年7月に発刊した。

今回平成31年2月に「シェッド、大型カルバート等定期点検要領」が改定されたことを受けて巻末資料の差し替えを行うとともに、本文の一部文言等の修正を行い、令和2年版として刊行するものである。

目次

1.はじめに
2.関連法規と点検体系
3.点検計画
4.道路土工構造物の特徴と点検上の留意点
5.点検の実施
6.健全性の診断
7.措置
8.記録方法
9.変状事例
10資料集

出版社からのメッセージ

本書は『道路土工構造物点検必携(平成30年版)』(2018年9月刊行 ISBN:978-4-88950-422-4)の改訂版です。

関連商品

定価:本体3,000円+税
在庫:在庫あり