石油業中野家の歴史

石油業中野家の歴史

中野貫一とその家族の軌跡
著者名 伊藤 武夫
発行元 丸善プラネット
発行年月日 2021年02月
判型 A5 210×148
ページ数 340ページ
ISBN 978-4-86345-475-0
Cコード 0021
ジャンル 人文科学 >  歴史学

内容紹介

第二次世界大戦前、新潟県の新津油田を足場に全国有数の石油鉱業資本へと成長した中野貫一とその家族に関する考察

目次

序章 近世期金津村の草水稼業と次郎左衛門
第1章 手堀工法・石油製造への挑戦と塩谷事件
第2章 塩谷事件期における石油事業の実績
第3章 石油企業投資と上総堀・機械鑿井への挑戦
第4章 中央石油株式会社の設立と中野合資会社
第5章 中野興業株式会社の設立と大戦景気
第6章 戦後不況と石油事業の再編
第7章 中野興業の第二の原油増産期
第8章 帝国石油への鉱業部門譲渡

定価:4,620円
(本体4,200円+税10%)
在庫:在庫あり