持続可能な経済の探究
明治大学社会科学研究所叢書

持続可能な経済の探究

環境経済思想の軌跡
著者名 大森 正之
発行元 丸善出版
発行年月日 2020年12月
判型 A5 210×148
ページ数 234ページ
ISBN 978-4-621-30572-0
Cコード 3333
NDCコード 331
ジャンル 環境科学・生活科学 >  環境科学 >  環境一般
社会科学 >  経済学
人文科学 >  哲学・思想

内容紹介

大気汚染、コモンズ(共有地)の喪失、住環境の劣悪化など、工業化の進展に伴う環境毀損が目に見える形で急速に表れた1920世紀のイギリス。そこでは経済学者たちの思想の中に「持続可能な経済」を志向する環境経済学の形成が準備されつつあった。本書では、環境と厚生に注目した経済学者J.S.ミル、A.マーシャル、A.C.ピグーを論じた上で、第二次大戦後のアメリカを舞台に、彼らへの内在的な批判者として、制度主義の立場から独自の持続可能性の経済学を社会的費用論として展開したK.W.カップを論じる。その後、それ以降の環境経済思想の深化を論述することで、現代の制度主義の環境経済学へと向かう「持続可能な経済の探究」の歴史的な系譜をたどり、これからの環境と経済のあり方を考える上での示唆を与える。

目次

第1章:自然保護の理論と実践――J. S. ミルによる持続可能な経済の探究
第2章:都市アメニティ保全の理論と政策――A.マーシャルにおける労働者の住環境問題
第3章:環境問題の事例・原因・処方箋――A.C.ピグーにおける環境政策の総合化
第4章:持続可能性の視点から見た「戦争と経済」――ピグーと後続世代の戦争経済論
第5章:制度派環境経済学の展開と発展――K. W. カップによる基礎づけと方向づけ
第6章:持続可能な経済の探究の歩み――環境経済思想の多元性と現代


関連商品

定価:本体3,800円+税
在庫:在庫あり