(普及版)スクリブナー思想史大事典 第7巻

(普及版)スクリブナー思想史大事典 第7巻

てろり〜びとし
原書名 New Dictionary of the History of Ideas
著者名 スクリブナー思想史大事典翻訳編集委員会
野家 啓一 翻訳編集委員長
発行元 丸善出版
発行年月日 2020年09月
判型 B5 257×182
ページ数 402ページ
ISBN 978-4-621-30530-0
Cコード 3530
NDCコード 102
ジャンル 人文科学 >  人文科学_総記・事典
人文科学 >  哲学・思想

内容紹介

1974年に刊行され大好評だった『Dictionary of the History of Ideas (webcat:221)』の40年ぶり全面刷新版「New Dictionary of the History of Ideas」の翻訳企画。編集方針はそのままに、編集委員・執筆者は総入れ替えし、一巻分増ページするとともに、全項目が新たに書き下ろされている。解説分野は、哲学・思想・宗教・文学・言語・心理・芸術・政治・経済・社会・教育など。人文科学、社会科学、自然科学という学問の枠を超えて、時代の知の形態とその変容に関心をもつすべての研究者に必須の総合事典。2005のRUSA Best Reference Sourcesを受賞。

※本書は『スクリブナー思想史大事典 全10巻』(2016年)の普及版です。お求めやすい価格で、各巻ごとにご購入いただけます。

目次

第7巻 てろり〜びとし
 テロリズム,中東における
 伝記
 天国と地獄
 天国と地獄(アジア)
 天才
 伝統
 天文学,先コロンブス期南北アメリカおよびラテンアメリカの
 同化
 道教
 道徳感覚
 道徳哲学
  アフリカ/古代/中世とルネサンス/近現代
 独裁政治,ラテンアメリカにおける
 徳倫理学
 都市
  文化の中心地としての都市/政治的中心としての都市/イスラーム 都市とビザンツ都市/ラテンアメリ
  カ
 トーテム
 富
 奴隷制
 奴隷制廃止運動
 ナショナリズム
  概観/アフリカ/文化ナショナリズム/中東/欧米における音楽のナショナリズム
 ナショナル・ヒストリー
 2言語使用と多言語使用
 二元論
 二重の忠誠心
 日常生活
 ニヒリズム
 日本の哲学,日本の思想
 ニュートン主義
 人間性
  アフリカ思想/アジア思想/ヨーロッパ思想
 認識論
  古代/近代/現代
 ヌード
 ネイション
 ネオリベラリズム
 ネグリチュード
 農民と農民層
 ノマディズム
 博学主義(百科全書主義)
 博物学
 博物館
 発生
 場の理論
 ハーモニー(調和,和声)
 パラダイム
 汎アジア主義
 汎アフリカ主義
 汎アラブ主義
 汎イスラーム主義
 反証可能性
 反植民地主義
  アフリカ/ラテンアメリカ/中東/東南アジア
 反セム主義(反ユダヤ主義)
  概観/イスラームの反ユダヤ主義
 汎トルコ主義
 反フェミニズム
 ヒエラルヒーと秩序
 美学
  アフリカ/アジア/ヨーロッパおよび南北アメリカ
 東アジアと東南アジアの哲学における因果
 ビクトリアニズム
 悲劇と喜劇
 美術
  概観/アフリカ
 美術と文学の自然主義
 美術における風景
 美と醜

関連商品

定価:26,400円
(本体24,000円+税10%)
在庫:在庫あり

▼ 補足資料