あめいろぐ女性医師

あめいろぐ女性医師

“Ameilog” book on Female doctors
著者名 反田 篤志 監修
宮田 加菜
中嶋 優子
兼井 由美子
長阪 美沙子
発行元 丸善出版
発行年月日 2020年09月
判型 A5 210×148
ページ数 164ページ
ISBN 978-4-621-30547-8
Cコード 3047
NDCコード 492
ジャンル 医学・薬学 >  臨床医学・内科系 >  内科学一般
医学・薬学 >  医学一般 >  医学読み物

内容紹介

本来、医師ほどプロフェッションが確立された専門職はなく、能力や適性の如何だけが評価のはず。

 にもかかわらず、何かある。それは内在する「バイアス(偏見)」。男女平等のアメリカにも、それはある。

 

北米で働く4人の女医が「ガラスの天井」の実際を語る。

 

・「女性医学生受験差別」

・「女医の診療傾向」

・「キャリアと家庭の両立」

・そして,「これから…」

 

「医師の働き方改革」は、性バイアスを避けては通れない。

目次 目次詳細はこちら(PDFで開きます)

■第1部 高齢者医療の考え方 「女医」とは…?
 1章  女性医師と男性医師の違いとは?
 2章 「女医」ならではの強みや価値とは?
 3章 「女医」が直面する困難とは?
第2部 アメリカでの女医キャリア(日本のキャリア環境との違い)
 4章 レジデント・フェローとしての実際
 5章 指導医としての実際
 6章 アメリカで活躍する女医の率直な本音
第3部 「女医」ならではの悩みへの対処法
 7章  仕事と家庭のバランスをどう取るのか?
 8章 ライフプランをどう組み立てるのか?
 9章 パートナーをどう選び,どう関係性を維持するのか?
 10章 女性の問題に職場でどう対処するのか?
第4部 日本で女医が活躍するために今できること
 11章 社会的な視点から考える
 12章 教育・研修の視点から考える
 13章 働き方の視点から考える ――現実を生きる知恵
 14章 「女医らしい」生き方の視点から考える ――理想に近づくための知恵

関連商品

定価:本体3,500円+税
在庫:未刊・予約受付中