既存木造建築物健全性調査・診断の考え方(案)(木質部材・接合部等)

既存木造建築物健全性調査・診断の考え方(案)(木質部材・接合部等)

発行元 日本建築学会
発行年月日 2022年03月
判型 B5 257×182
ページ数 332ページ
ISBN 978-4-8189-1095-9
Cコード 3052
NDCコード 524
ジャンル 土木・建築

目次

1章 総則
2章 調査・診断の目的と方法
3章 漏水調査・診断
4章 力学的調査・診断
5章 共通試験法

付録
付録1 力学的調査のための定量的試験法
付録2 力学的調査・診断における劣化領域の判定
付録3 部材のモデル化
付録4 残存材料性能設定の考え方(詳細評価法)
付録5 密度を用いた材料性能推定の考え方(詳細評価法)
付録6 判定用残存応力度の設定法(詳細評価法)
付録7 力学的調査・診断におけるたわみ制限値
付録8 力学的性能の計算例(曲げ部材)
付録9 歴史的建築物の調査・診断

定価:5,500円
(本体5,000円+税10%)
在庫:お問い合わせください