ことばの不思議の国

ことばの不思議の国

言語学の魅力がわかる本
著者名 柴田 美紀 責任編集
町田 章
山根典子
発行元 丸善出版
発行年月日 2020年02月
判型 四六 188×128
ページ数 166ページ
ISBN 978-4-621-30489-1
Cコード 1380
NDCコード 801
ジャンル 論文・語学
論文・語学 >  語学

内容紹介

読む、書く、聞く、話す――私たちは何気なくことばを使って意思疎通をしている。古代ギリシャ時代から始まったともいわれる言語学研究は、音韻論、形態論、統語論、意味論、語用論、応用言語学など、人間の営みにかかわる様々な分野に広がってきた。本書ではそんな言語学という不思議の国に魅せられた3人の英語教育の研究者でもある言語学者たちが自分たちの追い求める「白ウサギ」=不思議を紹介。表現や声の捉え方、世界の捉え方など、普段使っている中にこそ言葉の不思議は潜んでいる。音声から学習、思考にいたるまで、言語学・応用言語学への案内役となる一冊。

目次

はじめに ことばの国のアリス
第1章 発音変化に見る音と綴り字のズレ
第2章 魅力的な声の秘密
第3章 あいまいな日本語の私
第4章 切っても切れないことばと心
第5章 ことばを通して世界を見れば
第6章 オーストリアはオーストリア語?!
第7章 通じる英語と通じない英語
第8章 英語が上手くなるための心得
おわりに オズのことば使い

関連商品

定価:本体1,900円+税
在庫:お問い合わせください