診断と支援
丸善出版(映像)

診断と支援

著者名 中井 昭夫 監修
制作元 丸善出版(映像)
発売/発行年月 2019年11月
媒体 DVD、配信
時間 22分
館内視聴 館外個人貸出 館外団体貸出
館内無償上映 学外貸出 授業利用

シリーズ紹介

本作は,近年着目されている発達性協調運動障害(DCD)について解説した映像教材です。DCDは単に「不器用」「ぎこちない」「運動音痴」と捉えられることが多く、自閉症スペクトラム障害(ASD),注意欠如・多動性障害(ADHD), 限局性学習障害(SLD)に比べ我が国ではその理解や支援が立ち遅れていましたが、「協調」という重要な脳機能の発達の問題である神経発達障害のひとつです。 DCDについて様々な症状を通して概説し、診断基準や診察方法の紹介・作業療法士による支援の具体例を通して,DCDに関する気づきから診断,適切な支援までを分かりやすく解説します。大学,専門学校での授業を中心に,子育て支援,保育,教育現場はもとより,医療・療育現場に関わる多様な場面で活用できます。

内容紹介

第2巻では,DCDをどのように診断し,どのように支援すればよいか解説します。
DSM-5における診断基準について解説するとともに,指対立試験,継ぎ脚歩行など微細神経学的徴候(SNSs)による診察の様子を紹介します。また,DCDの支援の具体例として,「身体機能指向型アプローチ」と「活動指向型・参加指向型アプローチ」の有効的な組み合わせ,子どもの主体性を促す工夫など,作業療法士の支援アプローチの実際や薬物療法の可能性について紹介します。

関連商品

価格:本体40,000円+税()
配信価格:本体70,000円+税
※配信価格はシリーズ全巻・年間利用料になります。配信に関してはこちら

ご購入

ご注文方法

▼ 補足資料