ピッツバーグ・総合病院精神医学マニュアル

ピッツバーグ・総合病院精神医学マニュアル

コンサルテーション・リエゾン精神医学
原書名 Psychosomatic Medicine
著者名 村井 俊哉 編訳
林 晶子 編訳
発行元 丸善出版
発行年月日 2020年01月
判型 新書 174×112
ページ数 460ページ
ISBN 978-4-621-30480-8
Cコード 3047
ジャンル 医学・薬学
医学・薬学 >  臨床医学・内科系 >  精神医学

内容紹介

●包括的かつ実践的な手引書

●DSM-5Rに準拠した診断・治療指針

●具体的治療戦略に踏み込んだ解説

●米国精神医学の最前線を収録

 

精神科医のみならず、内科医・外科医も対象とした、コンサルテーション・リエゾン精神医学(総合病院精神医学)の包括的かつ実践的な手引書。総合病院で遭遇することの多い、精神症状・精神疾患の診断と治療について、DSM-5(精神疾患の診断・統計マニュアル第5版)に準拠して解説する。具体的な治療戦略に踏み込んだ詳述は、類書やガイドラインにはみられない本書の最大の特長。臨床での実践マニュアルとしての活用に加え、日進月歩の本領域の米国における到達点を知る上での最良のテキスト。

目次

【第I部 導 入】
 第1章 心身医学とコンサルテーション・リエゾン精神医学の歴史
 第2章 総合病院入院診療における精神科コンサルテーション
【第II部 一般医療現場における精神医学的診断とマネージメント】
 第3章 一般医療現場での気分障害と不眠症
 第4章 一般医療現場における不安
 第5章 身体症状症および関連症群
 第6章 一般医療現場における精神科薬物療法
 第7章 総合病院における興奮への対応
 第8章 一般医療現場におけるコーピングの改善と不適応行動のマネージメント
 第9章 意思決定能力の評価
【第III部 神経疾患およびその他の医学疾患に伴う精神症状】
 第10章 せん妄
 第11章 一般医療現場における神経認知障害
 第12章 神経疾患に伴う精神症状
 第13章 臓器不全,全身疾患に伴う精神症状
【第IV部 医薬品使用と物質使用の緊急合併症】
 第14章 カタトニア(緊張病),悪性症候群,セロトニン症候群
 第15章 トキシドローム(中毒症候群):毒物学と精神疾患患者
 第16章 一般医療現場における物質中毒および物質離脱
【第V部 総合病院精神医学における重要トピックス】
 第17章 周産期精神医学
 第18章 サイコオンコロジー
 第19章 臓器移植精神医学
 第20章 痛みの精神医学的評価とマネージメント
 第21章 緩和ケアにおける精神医学
 第22章 心身医学の将来の方向性

関連商品

定価:本体5,800円+税
在庫:在庫あり