思想家と建築 デリダ

思想家と建築 デリダ

原書名 Derrida for Architects
著者名 松井 健太
発行元 丸善出版
発行年月日 2019年11月
判型 四六 188×128
ページ数 176ページ
ISBN 978-4-621-30453-2
Cコード 3352
NDCコード 520
ジャンル 土木・建築 >  建築 >  建築一般

内容紹介

ジャック・デリダ(1930年-2004年、フランス)はポスト構造主義の代表的哲学者である。建築ではデコンストラクティヴィズム(脱構築)の概念でなじみ深い。
デコンストラクティヴィズムという言葉自体は建築分野でもなじみ深く、それに影響を受けたとされる建築作品はいくつか思い浮かぶため、建築形体や建築スタイルとしてのデコンストラクティヴィズムは何となく理解しているつもりでも、その思想自体はどのようなものであったのかは、理解できていない者が多い。
そこで本書は単なるデリダ論、ではなく、実作品や建築家の名を挙げながら、そもそもがどのような思想で、どのように建築家に受け入れられ、デザインとして昇華されていったのかを、わかりやすく解説している。

目次

第1章 建築についての思考
第2章 言語と建築
第3章 間テクスト性とメタファー
第4章 デリダと建築
第5章 異他なる空間
第6章 デリダとラディカルな実践
さらにデリダを探求したい読者のために

定価:本体2,000円+税
在庫:未刊・予約受付中