ケーブル構造設計指針・同解説(改訂)

ケーブル構造設計指針・同解説(改訂)

発行元 日本建築学会
発行年月日 2019年12月
判型 B5 257×182
ページ数 288ページ
ISBN 978-4-8189-0653-2
Cコード 3052
NDCコード 524
ジャンル 土木・建築 >  建築 >  構造力学

内容紹介

「ケーブル構造設計指針・同解説」は、刊行からすでに24年あまりが過ぎ、ケーブル材や膜材を用いたテンション構造の分野では、従来の指針で扱っている範疇を超えた構造システムやケーブル材料の新たな使われ方も出現しています。また、2000年以降の性能設計が潮流となる中で、ケーブル構造では従来あまり議論されていなかった終局状態に対する設計の要求も高まってきています。このような状況を踏まえて、現在のテンション構造の実情の分析・評価に基づき、改定を行いました。

目次

1章 総則
2章 構造計画
3章 ケーブル材料
4章 荷重
5章 構造設計
6章 構造解析
7章 ディテール設計
8章 支持構造

付録

出版社からのメッセージ

本書は『ケーブル構造設計指針・同解説』(1994年6月刊行 ISBN:978-4-8189-0429-3)の改訂版です。

関連商品

定価:本体5,500円+税
在庫:在庫あり