うつ病か、双極性か

うつ病か、双極性か

磁気刺激で治療
著者名 角尾 彰信
発行元 丸善プラネット
発行年月日 2019年06月
判型 A5 210×148
ページ数 128ページ
ISBN 978-4-86345-428-6
Cコード 3047
ジャンル 医学・薬学 >  臨床医学・内科系 >  神経内科学

内容紹介

うつ病と躁うつ病は、じつは境界不鮮明でありスペクトラムを形成していると考えられ、クレペリン以来いまだに決着がついていない。本書は両疾患の歴史的概念化と特徴を述べた。さらにうつ病の斬新な治療法である経頭蓋磁気刺激について概説した。脳を直接刺激するこの療法は、今後うつ病治療の大きな柱になると期待される。

目次

はじめに
第1章 うつ病
第2章 躁うつ病(双極性障害)
第3章 うつ病と双極性障害の鑑別
第4章 磁気刺激治療
症例
用語解説
文献
あとがき

定価:本体1,800円+税
在庫:在庫あり