電磁場の発明と量子の発見

電磁場の発明と量子の発見

著者名 筒井 泉
発行元 丸善出版
発行年月日 2020年01月
判型 A5 210×148
ページ数 160ページ
ISBN 978-4-621-30483-9
Cコード 3042
NDCコード 420
ジャンル 物理学 >  電磁気学
物理学 >  量子力学

内容紹介

パリティの連載講座の単行本化。2018年4月号から2019年3月号までの連載を加筆・修正のうえ単行本化。

科学史的読みもの的要素の強い「電磁気学」の初等的解説書。古典的現象である電磁気学に量子論的な視点を入れ、電磁気学の発展を現代的視点で見直す。発見や理論的成熟の歴史をたどりながら電磁気現象についての解説を行い、現代物理へどうつながるかも示す。量子論の発展する19世紀から20世紀初頭の物理学者たちの他ではあまり見られないエピソードも記載。

目次

第1章 ファラデーの着想:力線の登場
第2章 ファラデーからマクスウェルへの道
第3章 マクスウェルの貢献
第4章 場の実在性と2 人の畸人
第5章 ベクトルポテンシャルは物理的に実在するか?
第6章 電子の登場:「場」と「粒子」の共存
第7章 世紀末の物理:量子論の夜明け
第8章 アインシュタインの登場
第9章 黒体輻射から遷移確率へ
第10章 ファインマンの経路和と量子の束縛
第11章 量子の幾何学としての電磁相互作用:ゲージ原理への道
第12章 電磁場のパラダイムの変遷:エーテルの行方
第13章 輻射熱と電磁場の合流:熱から黒体輻射へ

関連商品

定価:本体2,000円+税
在庫:在庫あり

▼ 補足資料