理系のための ベンチャービジネス実践論

理系のための ベンチャービジネス実践論

著者名 千葉大学ベンチャービジネスラボラトリー
発行元 丸善出版
発行年月日 2019年03月
判型 A5 210×148
ページ数 150ページ
ISBN 978-4-621-30378-8
Cコード 0040
ジャンル 科学一般 >  科学読み物
社会科学 >  経営学
社会科学 >  ビジネス

内容紹介

理工系のバックグラウンドがあるからこそ見つかる、ビジネスのタネ。
それをいかに育てるか? そのときに大切なことは?

本書では、起業家やその支援者、シーズを生み出す大学教員など12名が、みずからの経験と、スタートアップに必要な考え方を披露しています。
起業に関心のある理工系学生・研究者・技術者必読の、ベンチャー起業の実際がわかる一冊です。

目次

第1部 熱い起業家たち
1.「自分で何かやろう」という思いが起業へ ――育てて独り立ちさせる学校
2.「こんなこといいな、できたらいいな」に挑戦してみる ――京都府立医科大学での医工連携の実際
3.地域イノベーションのための研究成果活用型ベンチャー
4.ベンチャー起業という「偶然」から動き出した未来

第2部 シーズから起業へ ――大学はチャンスにあふれている
5.ピンチのときに大学・ベンチャーだからできること! ――大学の研究の出口
6.植物分子生物学者は、いかにして「豚肉」を売るようになったか
7.必然から偶然をつかむこと・・・そしてベンチャーへ
8.学生が世界を変える! ――アントレプレナーシップとイノベーションの本質

第3部 起業を成功させる知識とノウハウ
9.生き残るベンチャーになるために
10.ベンチャー起業とお金の話
11.ベンチャーは会社に入ってもできる ――エンジニアが行った特許実践例
12.ベンチャーの「常識」を疑おう

関連商品

定価:本体2,200円+税
在庫:在庫あり