脳神経外科臨床マニュアル 改訂第5版

脳神経外科臨床マニュアル 改訂第5版

著者名 端 和夫
三國 信啓
発行元 丸善出版
発行年月日 2018年12月
判型 B5 257×182
ページ数 1078ページ
ISBN 978-4-621-30348-1
Cコード 3047
NDCコード 494
ジャンル 医学・薬学 >  臨床医学・外科系 >  脳神経外科学

内容紹介

臨床の現場で長く使われてきた定番マニュアルの改訂版。今改訂版では初版の理念に立ち返り、ベッドサイドエッセンスをわかりやすく解説することに注力。人の患者を前にした脳神経外科医が、良い治療を実現するための手助けとなる知識と方法を具体的に解説。脳神経外科の臨床に携わる脳外科医に必携の書。

目次

I 初期診察に関わる事項
1 頭痛,めまい
2 意識障害
3 認知症診断
4 末梢神経障害の診かた
II 機器診断に関わる事項
5 腫瘍性病変のMRI 診断
6 急性期脳梗塞の画像診断
III 術前,術後に関する事項
7 術前の全身評価
8 高齢者管理の注意
9 下垂体ホルモン検査と補償療法
10 脳神経外科領域での輸液・栄養管理
11 血圧管理
12 心不全・不整脈
13 深部静脈血栓症,肺塞栓
14 呼吸管理 ─ 呼吸不全とその対策
15 急性腎障害の治療
16 血糖
17 水電解質異常 ─ 尿崩症,SIADHなど
18 DIC
19 周術期感染症対策
IV 各種評価スケール
20 各種評価スケール
V 小児の問題
21 小児の診察と画像検査
22 新生児頭蓋内出血
23 小児脳脊髄腫瘍
24 脳外液貯留(硬膜下液貯留・くも膜下腔拡大)
25 水頭症
26 二分脊椎
27 くも膜嚢胞
VI 血管内手術
28 脳動脈瘤の塞栓術
29 血管形成術,ステント留置術
30 血栓回収療法急性期脳梗塞に対する血管内治療
VII 脳血管障害
31 破裂脳動脈瘤の治療
32 頚部頚動脈狭窄症CEA(carotidendarterectomy)の工夫
33 脳動脈瘤手術の工夫
34 脳動静脈奇形(AVM)手術のポイント
35 脳動脈解離(解離性脳動脈瘤)
36 海綿状血管腫
37 巨大脳動脈瘤
38 もやもや病
39 硬膜動静脈瘻
VIII 脳腫瘍
40 放射線・化学療法
41 覚醒下手術
42 中枢神経系原発悪性リンパ腫の診断と治療
43 胚細胞腫
44 髄膜腫手術の基本
45 頭蓋咽頭腫の手術
46 聴神経腫瘍とその手術
47 頚静脈孔部神経鞘腫の手術
48 眼窩腫瘍とその手術
IX てんかん,不随意運動など
49 てんかん焦点診断
X 外傷
50 頭部外傷(traumatic brain injury:TBI)診察のポイント
51 脊椎・脊髄外傷
XI 脊椎,脊髄疾患
52 脊髄のレベル診断
53 頚椎前方アプローチ
54 後方アプローチ
55 脊髄硬膜内腫瘍の手術
56 頭蓋頚椎移行部の手術
XII 手術に関する事項
57 手術に役立つ三次元画像
58 術中モニタリング
59 開閉頭法
60 末梢神経の手術
61 Pterional approach
62 Anterior interhemispheric approach, anterior craniofacial approach
63 Occipital interhemispheric a pproach
64 Transpetrosal approach
65 Transcondylar approach
66 Transsphenoidal surgery (T/S)
67 脳室へのアプローチ
XIII 将来の話題
68 遺伝子カウンセリング

定価:本体28,000円+税
在庫:在庫あり

▼ 補足資料