パリティ 2018年11月号

パリティ 2018年11月号

著者名 パリティ編集委員会
大槻 義彦 編集長
発行元 丸善出版
発行年月日 2018年10月
判型 A4変
ページ数 64ページ
ジャンル 物理学

内容紹介

物理学のいまをわかりやすく伝える「物理科学雑誌」

提携の米国物理学協会誌”Physics Today”からの翻訳と、第一線の研究者によるオリジナルの書き下ろし記事で、物理学のいまをわかりやすく伝えます。最先端を読み解くニュース記事、 授業とは一味違う連載講座や辛口エッセイなど、読みどころ満載の「物理科学雑誌」です。

 

パリティウェブサイトはこちら。

1999年からの最新号までパリティの各号の目次紹介,今月のキーワード,執筆者プロフィールを掲載。

 

目次

【articles】
解明待たれる素粒子のなぞ
大統一理論のいま 前川展祐
ボース-アインシュタイン凝縮する光
ポラリトン凝縮の新しい時代 D. W. スノーク,J. キーリング 岩野 薫 訳
もっとも身近な天体の正体
新しい月 B. デネヴィ 大竹真紀子 訳

【news】
アト秒計測で電子ボルトの分解能を達成 J. L. ミラー 緑川克美 訳
レーザー冷却のみでつくるボース-アインシュタイン凝縮体 A. G. スマート 井上 慎 訳

ニュースダイジェスト J. L. ミラー,R. J. フィッツジェラルド,A. ロパカ ほか
回転するライデンフロスト現象の液滴 / クモの巣の剛性勾配 / 水素を発生させる新しいナノ構造 / 早い時期に始まった惑星の入れ換え ほか

クローズアップ:
 中性子は私たちとは異なる重力を感じるか? 北口雅暁
 振動発電機能をもつクラッド鋼板 成田史生

随想:
 東京理科大学での学部横断研究 福山秀敏
 プレプリント礼賛 C. デイ 花輪知幸 訳

講座:電磁気現象にみる古典と量子の交叉点
 第8回 アインシュタインの登場 筒井 泉

コラム:パリティのココロ
 ケンブリッジ大学の論文誌の読者制限 大槻義彦


【information corner】
フォーラム
12月号予告
執筆者・翻訳者紹介

今月の切手 小沼通二
今月のキーワード
統一スケール / E6群

関連商品

定価:本体1,400円+税
在庫:在庫あり

▼ 関連記事