行動分析学事典

行動分析学事典

著者名 一般社団法人日本行動分析学会
発行元 丸善出版
発行年月日 2019年04月
判型 A5 210×148
ページ数 858ページ
ISBN 978-4-621-30313-9
Cコード 3511
NDCコード 000
ジャンル 人文科学 >  人文科学_総記・事典
人文科学 >  心理学
人文科学 >  心理学 >  応用心理

内容紹介

アメリカの心理学者、B. F. スキナー(Skinner)が創始した行動分析学は、ヒトや動物の行動原因を、心ではなく「外的環境」(=行動随伴性という独自の概念)により明らかにする学問であり、さまざまな自然科学的な実験により確かめられた、エビデンスをもった心理学といえます。行動分析学の手法は、教育、介護・福祉、医療、ビジネス、スポーツ、家庭などさまざまな現場で応用され、目覚ましい成果をあげています。また、日本初の心理職の国家資格である「公認心理師」資格の誕生もあり、今後ますます注目が高まる分野です。本書は、心理学分野を志す学生や一般社会人も手に取りやすい見開き完結の読み切りの構成で、歴史・概念などの基礎から実験、応用理論、医療現場や学校、動物訓練などの実践までを網羅した中項目事典となっています。

目次

【I部 哲学,概念,歴史】(37項目)
1章 哲学
  心理学と行動分析学/徹底的行動主義/因果分析/行動の原因/行動分析学と倫理
2章 概念 
  意識/言語行動/オペラント行動/レスポンデント行動/三項強化随伴性/刺激性制御/反応形(シェイピング):基礎/強化/強化(単一
  強化)スケジュール/強化(複雑な強化)スケジュール/オペラント実験箱システム/反応の測度/行動の量的分析/累積記録/実験計画
  法(群間比較法)―そのロジックとデザイン/実験計画法(個体内条件比較法)その1―そのロジックとデザイン・定常状態/実験計画法(個
  体内条件比較法)その2―反転法・ABA法/実験計画法(個体内条件比較法)その3―多層ベースライン法/実験計画法(個体内条件比較
  法)その4―その他のデザイン/行動観察(法)/統計的方法―グループデザイン・シングルケースデザイン/図表現/再現性/研究の機
  能/インストルメンテーション/実験的行動分析学/応用行動分析学/心理療法/行動療法・認知療法・認知行動療法
3章 歴史 
  行動分析学の歴史(過去・現在・未来)/世界と日本の行動分析学/行動分析学の雑誌

【II部 実験的行動分析】(62項目)
1章 実験セッティング 
  オペラント実験箱と累積記録器/剝奪処置/様々な動物種での実験/条件づけの生物的制約/動物実験倫理
2章 強化と弱化 
  プレマックの原理:基礎/感性強化/条件強化/遅延強化/バイオフィードバック/負の強化(除去型強化)/反応非依存強化/強化によ
  る行動低減/比率スケジュール/時隔スケジュール/反応率分化強化/複合スケジュール/スケジュール誘導性行動/分化結果手続き
  /消去/消去後の反応再出現/行動変動性/弱化(罰)/タイムアウト/ヒトの実験における反応コスト/行動履歴/行動モメンタム:基礎
3章 刺激による制御 
  刺激馴化/刺激般化/弁別学習訓練/行動対比/概念学習/無誤弁別学習:基礎/計時行動/刺激競合/観察学習/自動反応形
  成/刻印づけ/連鎖化:基礎/系列学習/見本合わせ:基礎/刺激等価性:基礎/言語行動と非言語行動/ルール支配行動/意識性/
  関係フレーム理論
4章 選択行動 
  選択行動/選択行動の理論/対応法則(マッチング法則)/遅延低減仮説/セルフ・コントロール(自己制御):基礎/価値割引:基礎/価
  値割引:その展開/行動的意思決定
5章 展開と関連領域 
  オペラント行動の個人差/社会的行動/比較認知/コロンバン・シミュレーション計画/行動神経科学/行動薬理学/行動生態学/行動
  経済学

【III部 応用行動分析】(55項目)
1章 言語行動 
  マンド/タクト/イントラバーバル/エコーイック/オートクリティック/テクスチュアル,トランスクリプション,テキストコピーイング
2章 基本手続き 
  反応形成(シェイピング):応用/プロンプト/身体的ガイダンス/モデリング/般化模倣/課題分析/連鎖化:応用/見本合わせ:応用/
  無誤弁別学習:応用/刺激等価性:応用/機能的行動アセスメント/強化介入による行動低減/非随伴性強化/選択と好み/般化と維持
  /確立操作/プレマックの原理:応用/集団随伴性/行動モメンタム:応用/社会的妥当性
3章 援助・介入手続き 
  離散試行型指導法 機会利用型指導法/トークンエコノミー法/機能等価性/セルフ・コントロール(自己制御):応用/セルフ・マネジメント
(自己管理)/自己記録・自己目標設定/行動契約(随伴性契約)/言行一致訓練/代表例教授法/公的掲示/習慣逆転法/クリッカート
  レーニング/行動コンサルテーション/行動的コーチング/パフォーマンス・マネジメント
4章 プログラム/パッケージ/トリートメントモデル 
  ロヴァース法/ポーテージプログラム/機軸反応訓練(PRT)/絵カード交換式コミュニケーション・システム(PECS)/ポジティブ行動支援
  (PBS)/アチーブメント・プレイス/プレシジョン・ティーチング/アクセプタンス&コミットメント・セラピー/機能分析心理療法/行動活性化療
  法/STAR/ペアレント・トレーニング/CRAとCRAFT/「体罰」に反対する声明

【IV部 行動分析学における実践】(18項目)
  医療/医療(看護)/理学療法/作業療法/言語聴覚療法/心理臨床(病院)/心理臨床(相談室)/心理臨床(個人開業)/一般教育(教
  科教育)/一般教育(学級・学校運営)/社会福祉/介護福祉/精神保健福祉/動物福祉/動物訓練(トレーニング)/スポーツ/組織・企
  業/コミュニティ

付録:行動分析学研究史年表
和文引用文献・欧文引用文献
事項索引・人名索引

関連商品

定価:本体20,000円+税
在庫:在庫あり

▼ 補足資料