あめいろぐ臨床英語

あめいろぐ臨床英語

“Ameilog” book on clinical English
著者名 反田 篤志 監修
山田 悠史,百武 美沙,高橋 康一,アブラハム もと子,齋藤 雄司
発行元 丸善出版
発行年月日 2020年04月
判型 A5 210×148
ページ数 192ページ
ISBN 978-4-621-30470-9
Cコード 3047
NDCコード 492
ジャンル 医学・薬学
医学・薬学 >  医学一般

内容紹介

【あめいろぐ】シリーズ第3弾「臨床英語編」は,

生きた英語をフィーチャー!

 

「在学中,短期留学! でも…」

「USMLEにトライしたいけど無理ー」

「海外で臨床研修をしたいなぁ」

「英語プレゼン!? ヤバい…」

「外来に英語ネイティブの患者が来ちゃった(汗)」

と思ったことはありませんか.

 

臨床を突き詰めるとき,

ボトルネックが「英語」って結構,ありますよね.

 

本書は,医学英語の王道的な教科書ではありませんが,

アメリカの臨床で苦杯をなめた日本人医師による

「臨床英語の気づき」

冷や汗ものの英語フレーズを1冊にまとめました.

 

試験,外来,プレゼン,フリートークなど,

Let's start with image training!

目次 目次詳細はこちら(PDFで開きます)

■第1部 どうしたら医学英語ができるようになるのか?
  1 アメリカの現場で求められる英語レベル
  2 どれくらいの勉強量が必要なのか―お勧めの勉強法

■第2部 アメリカ医師国家試験(USMLE)に向けた勉強法
  3 USMLE Step 1
  4 USMLE Step 2 & 3

■第3部 アメリカ式プレゼンテーション
  5 病棟でのプレゼンテーション
  6 学会でのプレゼンテーション

■第4部 臨床で使える英語表現
  7 救急対応(パラメディカル対応)
  8 患者の「痛み」と「悼み」
  9 小児の診察
 10 レジデント教育
 11 外来診察
 12 病棟コンサルト & オンコール対応

■第5部 業務の合間に使える英語表現
 13 医学以外のトピックで会話ができるようになるために

関連商品

定価:本体3,500円+税
在庫:在庫あり