がんサバイバーシップの理解と支援 診断期/初期治療期
丸善出版(映像)

がんサバイバーシップの理解と支援 診断期/初期治療期

著者名 清水 多嘉子 総監修
花出 正美 監修
大友 陽子 監修
上間 美夕紀 監修協力
制作元 丸善出版(映像)
発売/発行年月 2018年07月
媒体 DVD、配信
時間 50分
音声/字幕 日本語 /
ジャンル 看護学
館内視聴 館外個人貸出 館外団体貸出
館内無償上映 学外貸出 授業利用

シリーズ紹介

このシリーズは、がん専門病院である「がん研究会有明病院」の現場で活躍する専門看護師、認定看護師らが全面的に監修・制作協力して制作されました。がん患者の看護に必須であるケアアプローチについて、エビデンスに基づく看護実践・がん患者の症状や副作用に対するマネジメント・がん患者の心理的サポートといったがん看護のエッセンス、さらにがんサバイバーへの支援について映像で分かりやすく解説します。

内容紹介

がん看護に携わる看護師にとって、がんサバイバーの体験を理解することは重要です。がんサバイバーの語りを紹介しながら、診断期と初期治療期におけるがんサバイバーの体験について解説します。診断期は“がん診断(Bad News)を伝えられる”“がん診断について周囲に伝えるか伝えないかの意思決定”の場面、初期治療期は“治療に関する意思決定”“治療に伴う身体と心の変化に応じた生活調整”の場面を取り上げます。

 

サンプルムービー

関連商品

価格:本体35,000円+税(分売可)
在庫:在庫あり
配信価格:本体100,000円+税
※配信価格はシリーズ全巻・年間利用料になります。配信に関してはこちら

ご購入

ご注文方法

▼ 補足資料