平和のために戦争を考える

平和のために戦争を考える

――「剥き出しの非対称性」から
著者名 広島大学大学院総合科学研究科
眞嶋 俊造
発行元 丸善出版
発行年月日 2019年01月
判型 四六 188×128
ページ数 188ページ
ISBN 978-4-621-30355-9
Cコード 1312
NDCコード 154
ジャンル 社会科学 >  社会科学一般
人文科学 >  倫理学
人文科学 >  シリーズ人文科学 >  叢書インテグラーレ

内容紹介

戦争には、武装し暴力を行使できる者とそうではない者が存在し、テロや人質殺害などの悲劇的状況においても、命の価値の極端な不均衡――「剥き出しの非対称性」が生じている。命の危機を目の前にした極限の状況で、「より少ない悪」を選ぶことは可能なのだろうか。本書では、戦闘用ドローンや子ども兵士など、現代に横たわる「戦争の悪」などについても取り上げる。思考と実践を繋ぐ応用倫理学の視点から、「悪」をどう考え、どう向き合うのか、平和に向けあらたな視座を提示する一冊。

目次

第1章 「戦争を考える」ということ
第2章 「平和」、「戦争」、「剥き出しの非対称性」
第3章 武力紛争の諸相
第4章 子ども兵士と「道徳的罠」
第5章 自殺攻撃の許容可能性
第6章 人質と殺害の暴力
第7章 ドローンと「倫理的」な攻撃
第8章 防衛産業と人々の保護
第9章 道徳的運と「より少ない悪」

関連商品

定価:本体1,900円+税
在庫:在庫あり